page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ミャンマー・ヤンゴン・世界のカフェの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ミャンマーらしさ満載の大衆喫茶「ラペイエサイン」を体験しよう。ヤンゴンのおすすめ店紹介付き


掲載日:2019/12/25 テーマ:世界のカフェ 行き先: ミャンマー / ヤンゴン

タグ: グルメ レストラン 安い 紅茶 朝食


ラペイエサインとは?

ミャンマーは中国とインドの間に位置するため、テーブルに並ぶスナックも中国料理とインド料理がミックス。 ミャンマーは中国とインドの間に位置するため、テーブルに並ぶスナックも中国料理とインド料理がミックス。

ミャンマーの食文化を体験したいなら、ぜひ「ラペイエサイン」を訪れてみてください。ビルマ語で「ラペイエ」は練乳入りの紅茶、「サイン」は店という意味です。1杯30円ほどの甘い紅茶をはじめとする飲物を1品でも注文すれば卓上ポットの中国茶は飲み放題で、テーブルの上に並ぶスナック類は食べた分を最後に払うシステム。店内には大型テレビでスポーツ中継などを流しており、ミャンマーの男性たちの社交場にもなっています。早朝から夜遅くまで開いている店が多く、24時間営業の店も結構あります。

※1チャット=約0.072円。2019年11月時点。

三方が吹き抜けになった心地よい空間

明るい雰囲気のせいか、駐車しやすい立地のせいか、家族連れが多いので、女性一人でも入りやすい。 明るい雰囲気のせいか、駐車しやすい立地のせいか、家族連れが多いので、女性一人でも入りやすい。

個人的に、ヤンゴンで一番気に入っている店。ラペイエサインは道路側に壁がない店が多く、角地に建つ場合は二方が開けていることもありますが、ここはさらに三方壁なしの造り。明るい店内を風が吹き抜け、とても心地よいのです。インド人が多く住むエリアが近いせいか、メニューはインド寄り。ナンやロティとカレーがセットになった大皿メニューが人気。写真メニューもあるので、外国人でも注文しやすいのも◎です。

■モダン/Modern
住所:91 Tamwe Rd., Bahan Tsp., Yangon
電話:01-5112011
営業時間:6:00〜23:00(祝日は営業時間変更の可能性あり)

日本在住歴のあるオーナーによる衛生的な店

写真はダウンタウンの店。セドナホテルに近いウーチッマウン(U Chit Maung)通りや、空港寄りの8マイル交差点近くにもある。 写真はダウンタウンの店。セドナホテルに近いウーチッマウン(U Chit Maung)通りや、空港寄りの8マイル交差点近くにもある。

ヤンゴン市内でチェーン展開するラペイエサイン。ダウンタウンにもあるので、観光ついでにどうぞ。オーナーが日本に住んでいたことがあるためか、ステンレス製のテーブルはいつもピカピカで、中国茶を入れるコップも熱湯消毒したりと、衛生面への気遣いを他店より感じます。洗濯の行き届いたユニフォームを着た従業員もサービスがきめ細やかだし、写真と英語表記がついたメニューもGood。地元のビジネスマン客が多いのも納得です。

■ラッキーセブン/Lucky Seven
住所:Corner of 49th Rd. and Mahabandoula Rd., Bohtahtaung Tsp., Yangon
電話:01-292382
営業時間:6:00〜21:00(祝日は営業時間変更の可能性あり)

インド系ラペイエサンの老舗

大ぶりで、皮がパリパリに上がったサモサが特においしい。スーレーパゴダのすぐ近く。 大ぶりで、皮がパリパリに上がったサモサが特においしい。スーレーパゴダのすぐ近く。

ダウンタウンのインド人街に立地する、小ぢんまりした店。ラペイエサイン文化自体が、植民地時代に大量にヤンゴンへ流こんできたインド系住民とともにやってきたこともあり、もともとインドの料理やスナック類をメニューに並べる店が多いが、なかでもここはチキンやマトンを中心としたイスラム教徒も食べられるハラル料理が中心。店の歴史が長いだけあり、レトロな雰囲気が素敵なインスタ映え店です。

■ヤター/Yatha
住所:353 Mahabandoula Rd., Kyauktada Tsp., Yangon
電話:01- 249341
営業時間:5:30〜20:00(日曜〜12:00)

夜遅く着いても安心の24時間営業

料理メニューがかなり充実した同店では、ランチ時には近隣のオフィスの人たちが昼食に詰めかける。 料理メニューがかなり充実した同店では、ランチ時には近隣のオフィスの人たちが昼食に詰めかける。

ラペイエサインは駅やバスターミナルの近く、大通り沿いといった立地に多く建っており、そういった車通りの激しいエリアでは24間営業の店も少なくありません。こちらはシュエダゴンパゴダに比較的近い街中にある、24時間営業店。インド系・中華系・ミャンマー系とあらゆるジャンルの料理やスナックが幅広く揃い、どれもお味はなかなか。早朝から8時半くらいまではモヒンガーなどの麺料理や飲茶も食べられます。もちろん、紅茶だけの利用でもOK。

■クラシック/Classic
住所:8 Shwegondaing Rd., Bahan Tsp., Yangon
電話:09-9793-21489
営業時間:24時間

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/12/25)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索