ミャンマーらしさを醸し出す「タナカ」

ミャンマーを初めて訪れた人は、ミャンマーの人々の顔に塗られた黄色い「モノ」にまず視線が釘付けになります。これは「タナカ」と呼ばれるミャンマーのおしろいとも言えるもので、みかん科の植物の樹皮をすりおろしたペーストを塗っているのです。ある人は顔に、ある人は腕や首筋、胸元や耳に至るまであらゆるところに塗っているので、最初は驚くかも知れませんが、見慣れると実にミャンマーらしい風情を感じさせるものです。

ミャンマーのナチュラル・コスメ「タナカ」 ミャンマーのナチュラル・コスメ「タナカ」

薬効も多い手作りのナチュラル・コスメ

では、ミャンマーの人は何故タナカを塗っているのでしょうか? 実はタナカには、紫外線から肌を守る、熱をさます、肌にハリをもたらしシワをとる、あせもを防ぐ、虫除けなど様々な効用があるのです。各家庭には、チャウピンと呼ばれるタナカをすりおろす丸い石皿があり、市場で買ってきたタナカをすりおろして使います。毎朝、自分で新鮮なナチュラル・コスメを作って使うなんて実に優雅ですね。このタナカとチャウピンは市場などで手に入るので興味がある人は是非探してみてください。

使うのはお年寄りだけ?いえいえ、若者も塗ってます!

このようなものは日本だとお年寄りだけが使っているというのが相場ですが、ミャンマーでは違います。例えば大都市ヤンゴンのショッピングモールやお洒落なドーナッツ屋で働く女性店員も顔にはタナカを塗っているのです! また顔の脂分をとる効果もあるので、顔に出来たニキビに点々と星のようにタナカを塗っている人も男女問わずみられます。こういった伝統的なものが違和感なく現代の生活の中に取り入れられているのもミャンマーならではです。ミャンマーの人々の多くは仏教徒ですが、「ナッ」と呼ばれる精霊に対する信仰も持っており、女性の精霊の祠に、チャウピンと鏡を捧げることもあるようです。美しくなりたいと思う女性の願望は、どこも同じだということを教えてくれます。

タナカを使用した製品はお土産にも最適!

とはいえ、さすがに21世紀の今、ミャンマー女性も忙しくなっているのでしょうか? 水で溶くだけで使える、タナカ・ペーストを固めた固形タイプのものも市販されていて、「毎朝タナカをすりおろす時間がない!」といった現代的なミャンマー女性には重宝されているようです。タナカはクレンジング・クリームや石鹸、ボディスクラブなどといった現代的な製品にも使われているいるので、美容にこだわりのあるお友達へのお土産としてもいかがですか?