男も女も腰布を巻く国ミャンマー

ミャンマーでは低いテーブルと椅子を出した路上カフェが多く、椅子に腰かけ道行く人々の服装を眺めるのも楽しみの一つです。そこで目にするのは、ミャンマーの国民服とも言える“ロンジー”と呼ばれる腰布を巻いた人々。ミャンマー随一の大都市ヤンゴンですら、ズボンではなく、このロンジーを目にすることの方が今なお多いほどなのです。この腰布、男性用は“パソー”、女性用は“タメイン”という正式な呼び名がありますが、総称としてロンジーと呼んでも差し支えないようです。丈の長さ約1メートルほどの一枚布の両端を縫い合わせて、筒状にしたもの中に人がすっぽりと入り、腰に巻きつけます。

腰布の男女が行き交う国ミャンマー 腰布の男女が行き交う国ミャンマー

男性用はどことなく「和」をイメージさせる渋めの色柄

街で目にする男性のパソーは藍・茶色・深緑などの地味な色が多く、柄は細かい格子模様のものが多く見られます。シャツはパソーの中に入れ、腰の中心から両足にかけて広げるように折り目をつけるので、一見幅の狭い袴をはいているように見えることもあります。そのせいか、ミャンマー人のモンゴロイドの顔立ちとあいまってどことなく「和」の雰囲気も感じさせます。雨が降って足元がぬかるんでいる時は左手で太ももあたりの生地をつまむようにして、すそを上げます。同じように腰布を常用する南インドの男性の場合は、すそをたくし上げて腰の部分に折り込むことが多いのに比べると随分と上品な雰囲気がします。

女性用は花柄などをあしらった柔らかくあでやかな色柄

女性のタメインは男性ものとは違い、地域や民族によって異なる模様や柄がたくさんあります。明るい色で花柄などの熱帯をイメージさせるものも多く、インドネシアなどのバティック生地を使っているものも見られます。アチェイと呼ばれる伝統的な波模様が入っているものもあり、シンプルながらも確かな美意識を感じさせます。上に着るシャツはブラウスやカットソーなどで、男性と違ってタメインの中には入れずに、出したまま着こなしています。タメインと同じデザインの生地でブラウスを作り、上下の統一感を強調する人もいて、なんとも女性らしくお洒落です。

フォーマルな場所でも活躍するオールマイティーなロンジー

さて、このロンジーですが街中や家庭、職場、結婚式などあらゆる場面で活躍を見せています。正装としてのロンジーは絹で出来たものや金糸の入ったゴージャスなものもありますが、一般の人が使用する男性ものは3ドル(約300円)ぐらいからと価格も安いので、お土産としても最適です。ロンジーを巻いてくつろいだミャンマー気分を友達にも味わってもらいましょう!