ミャンマーの通学風景を彩るバッグ

ミャンマーを旅してよく見かけるのが、学生が通学に使っているバッグ。口が大きく広がり、マチがせまく肩ひもが幅広いのが特徴。登下校時にはこのバッグをかけた学生たちが、肩からかけたり、時には頭にかけて家路へと向かう様子はなかなか微笑ましいものです。低学年の子供たちはまだひもが長く、身の丈にあわない大きなバッグを地面につかんばかりに引きずるように歩きます。日本の小学一年生が大きなランドセルを背負ってひょこひょこと登下校するのと同じ可愛らしさが感じられ、その様子は実に微笑ましいものがあります。

日本でも使ってみたい!ミャンマーのシャンバッグ 日本でも使ってみたい!ミャンマーのシャンバッグ

シャンバッグって何?

このような肩掛けカバンは、一般的には“シャンバッグ”と呼ばれています。シャンとはミャンマーでビルマ族に次いで人口の多い民族で、隣国タイの人々と同様の文化を持っています。多民族国家のミャンマーでは、それぞれの民族が独自の布やデザインを生かした同様のバッグを持っており、その固有の民族名+バッグの呼称で呼ばれることもあります。毛糸でできた丸い飾りがついたものや、ヒモをバッグ表面からいくつも垂らしたもの、銀の装飾がたくさんついたものなど実に多様で、学生のみならず大人に至るまで幅広く使用されています。

ヤンゴンでは見かけることも少なくなってきたシャンバッグ

ただしミャンマーでは全国的なこのシャンバッグも、首都ヤンゴンでは最近は使っている人を見るのも少なくなってきました。ロンジーと呼ばれる腰布を巻いている人も、洋服の普及とともにやはり減ってきてはいるようです。そうした服装の変化にあわせて、皮革製やナイロン製のバッグなどを使用する人が増えたのでしょうか? とはいっても実用性では勝っているのか、物売りの人たちにはまだまだ現役。ヤンゴンでも信号待ちの交差点で、新聞や雑誌などを売って歩く人々にとっては欠かせないバッグです。

シャンバッグの日本的活用法

シャンバッグの魅力は何といってもそのカジュアルさでしょう。旅先でも一日の観光を終え、屋台へ夕食に出かける時などに、ミネラルウォーターやカメラにノートなどちょっとした小物を入れるのには最適です。もちろん、ミャンマー土産としても定番。日本で浴衣にシャンバッグで夏祭りや花火大会に出かけるのもオツなものだと思います。さらに、シャンバッグに着替えや石鹸、シャンプーを入れて、銭湯に行くのも意外と風情があって良いと思うのは筆者だけでしょうか? 日本でのシャンバッグ活用法をいろいろと考えてみるのも面白いですね。