ヤンゴンショッピング・お土産ガイド

ヤンゴンショッピング・お土産ガイド

ヤンゴンのショッピング情報

他の東南アジアの主要な市場に比べるとずいぶん小さく感じるが、ショッピングをするなら中心部に近いボージョーアウンサン・マーケットが市内ではいちおしのマーケット。売っているものは、宝石や衣料品、バッグや革製品、サンダル、コスメ、雑貨などで、一般的なお土産ならここで足りる。ただし値段は高めで、ここで相場を調べて、ほかで買ってもいいだろう。食料品や日用品は、通りを挟んだ向かいにあるニュー・ボージョーアウンサン・マーケットのほうで売られ、こちらは地元の買い物客でにぎわっている。(2015年編集部調べ)


ヤンゴンの特産品・ブランド

とくにヤンゴンの特産品はないが、ミャンマー各地の特産物が集まってくる。有名なのはルビーやサファイア、エメラルド、翡翠といった宝石だが、素人には手を出しにくい。銀細工は手ごろな値段のものがある。高級感のあるものとしては漆器がおすすめ。綿や絹で織られた布の巻きスカートも、ヤンゴンには高級品が集まってくる。安くて、手軽に買えるお土産は肩かけの布バッグのシャンバッグで、1つ150円〜。コットンの生地は2mで400円〜。高級品はその数倍する。

ヤンゴンの市場・免税店・お買い物スポット

中心部にあるボージョーアウンサン・マーケットは、ミャンマーの手工芸品、宝石、アクセサリー、銀製品、布地を売る店があり、ミャンマー各地の特産品も売っているショッピングポイント。市内にチェーン展開している高級スーパーのシティマートでは、輸入食材から電化製品まで幅広い種類の品をあつかっていて、在ヤンゴンの外国人にも人気が高い。その他には、多くのショップが入ったユザナセンターが、地元の人たちでにぎわっている。


現地ガイド発!ヤンゴンのショッピング・お土産最新情報

2013/11/29 ショッピング

ボージョー・アウンサンマーケットでお土産を見つけよう

ヤンゴン旅行イメージ-マーケットは2階建て。メインの建物の他に、ウイングと名付けられた細長い建物の中にも店が並ぶ。アートセクションではなかなか素敵な絵も飾られているので要チェック。 マーケットは2階建て。メインの建物の他に、ウイングと名付けられた細長い建物の中にも店が並ぶ。アートセクションではなかなか素敵な絵も飾られているので要チェック。

ミャンマー土産、何がおススメですか?とよく聞かれます。これというものがあるようでないのが実情。しかしアジア特有の「雑貨」を土産物にと思っていたり、溢れる物のなかから掘り出し物をみつけるのが好きという方は、Bogyoke Aung San Marketに足を運んでみると楽しいです。英国植民地時代の古い建造物の中にひしめき合うように小店が軒を連ねています。ミャンマー特産のルビーなどの宝飾品、少数民族の雑貨、絵画、民族衣装、雑貨… 地元の人たちは「あそこは高めの値段よ」と言うけれど、外国人にとってはまだまだチープに感じると思います。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ヤンゴンショッピング・お土産の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるヤンゴンの特産品やクレジットカード、アウトレット情報が満載。
ヤンゴンのショッピング・お土産なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!