観光スポット「ヤンゴン市街」の旅行情報

観光スポット「ヤンゴン市街」の旅行情報

ヤンゴン市街

名称:ヤンゴン市街(ミャンマー/ヤンゴン
ジャンル:観光スポット

イギリス植民地時代の名残で、街は碁盤の目のように整然と区画されている。見どころとなるパゴダはいくつもあり、街の中心で金色に輝いているのはスーレー・パゴダ。このパゴダには仏陀の聖髪が納められているとされる。街の北・シングッタヤの丘には、ミャンマーの象徴ともいうべきシュエダゴォン・パゴダがそびえている。数千個ものダイヤモンド、ルビーを散りばめ、金箔で覆われた贅を尽くしたパゴダだ。その起源は2500年も昔に遡るという。パゴダのほか、国立博物館でミャンマーの文化遺産を見学したり、活気あるインド人街や中国人街を歩くのも楽しい。

ここに行くツアーを探す

現地ガイド発!ヤンゴンの観光スポット最新情報

2016/10/20 観光地・名所

ミャンマーの市場でお土産探し ヤンゴン、ボージョー・アウン・サン・マーケット篇(その2)

ヤンゴン旅行イメージ-ミャンマーの市場でお土産探し ヤンゴン、ボージョー・アウン・サン・マーケット篇(その2) ミャンマーの市場でお土産探し ヤンゴン、ボージョー・アウン・サン・マーケット篇(その2)

ボージョー・アウン・サン・マーケットの続きです。アウン・サン・マーケットは地元の人も利用する市場なので、貴金属や宝石だけでなく、日用品も売っています。外国人旅行者に人気があるのは、布製の肩掛けかばんの「シャン・バッグ」でしょうか。ミャンマーは、数え方にもよりますが、100以上の少数民族が暮らす多民族国家。シャン族はタイ系の民族で、タイと国境を接するシャン州周辺に住んでいます。タイの旧国名「シャム」がミャンマー風に訛って、シャン族とよばれるようになったといわれています。シャンの人びとは肌の色がやや白く、顔立ちも東アジア系のため、外国人が珍しい地域に入った日本人の友人は、地元の人にシャン族とまちが…続きを見る



ヤンゴン旅行でぜひ訪れたい観光スポット


 

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook

 

ヤンゴン市街への旅行・ツアー参加前に要チェック!言語や気温や観光情報をはじめ、クチコミ・体験談や専門ガイドによる記事など現地情報が満載です。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。