page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ネパール・チトワン・世界遺産の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ネパール・チトワン国立公園で今一番旬のホテル・テンプルタイガー


掲載日:2007/12/20 テーマ:世界遺産 行き先: ネパール / チトワン

タグ: ロマン 世界遺産 大自然 動物


ホテル所有の象でたっぷりエレファントサファリを楽しむ

エレファントサファリのあと、ボーティングに行くところです。たっぷり3時間半楽しめます! エレファントサファリのあと、ボーティングに行くところです。たっぷり3時間半楽しめます!

チトワンは国立公園内か公園の外にあるソウラハのどちらかに宿泊することになりますが、やはりおすすめは国立公園内に宿泊することです。国立公園内のホテルでは、ホテルで象を所有していることが多く、エレファントサファリも公園内でたっぷり時間をとって行うことが多いので動物を目にする機会も多くなります。チトワン国立公園内にあるホテル、テンプルタイガーでは、エレファントサファリをはじめ、ボーティング、ネイチャーウォーク、スライドショーなどプログラムも盛りだくさん。

象の飼育場所で象とたっぷり触れ合う

よ〜く見ると象の鼻が私のほうに向いていますが写真を撮った直後私に触れてきました! よ〜く見ると象の鼻が私のほうに向いていますが写真を撮った直後私に触れてきました!

テンプルタイガーでは、ホテル内に9頭の象を所有しています。プログラムには、飼育場所で象と触れ合う機会もあり、えさを象に直接あげたり、一緒に写真を撮ることも出来ます。
ここでは、エレファントサファリ用の象のトレーニングを生後2〜3年からはじめ、右耳をたたくと左に行き、左耳をたたくと右に行くように教え、また、言葉はインドのヒンディー語でトレーニングしているそうです。象の生態の説明を聞きながら、象と触れ合うそんな時間はきっとあなたをわくわくさせることでしょう!

食事もおいしく至れり尽くせり

昼食のネパール料理。ほどよい辛さの最高のカレーでした 昼食のネパール料理。ほどよい辛さの最高のカレーでした

テンプルタイガーに宿泊を申し込むと食事、エレファントサファリなどのアクティビティーなどがセットになりますが、食事が大変おいしかったです。朝は、朝食の30分前にコテージまでホテルの従業員が起こしに来てくれて、同時にコーヒー、紅茶も持ってきてくれるありがたいサービス。食事は人数が多い時は、バイキングスタイルで種類ももりだくさん。なかでも、昼食のネパール料理は、最高のおいしさでした。ネパール料理を食べるときに使うお皿とグラスは、ネパール伝統の真鍮製のものが使われています。

ホテル所有のジープで帰る途中に!!

目の前で見るサイは迫力満点 目の前で見るサイは迫力満点

テンプルタイガーは、ナラヤニ川を手漕ぎのボートで30分下り、そこから30分ほどホテル所有のジープで行ったところにあるのですが、帰り際ジープに乗り、ホテルを出てまもなくサイの親子に遭遇しました。目の前で見るサイは迫力満点。2〜4月の一番動物が見えるシーズンには、1週間に2〜3回ほどこうやって帰り際にトラに出会うこともあるそうです。これからのシーズンに、ぜひチトワン国立公園を訪れてみてはいかがでしょうか?

【関連情報】

コテージは自然の中にあります コテージは自然の中にあります

■ホテル名 テンプルタイガー
アクセス:飛行機の場合、カトマンズからバラトプルまで30分。バラトプルからテンプルタイガーまで約1時間半。
バスの場合、カトマンズから約8時間。バスはグリーンラインバスがおすすめです。
カトマンズ事務所 P.O.BOX3968、kamaladi,kathmandu,Nepal
電話番号:1−4263480
E-mail:temtig@mos.com.np
URL http://www.catmondo.com/temple-tiger

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/12/20)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索