アクティブなカップルにピッタリな象乗り体験

ネパールのチトワン国立公園では、エレファントサファリと呼ばれる、象の背中に乗りジャングル内を散策する象乗り体験が、出来るんです。アクティブなカップルに是非オススメしたいエレファントサファリの魅力を、今回はご紹介いたします。申し込みは泊まっている宿でもできますが、カトマンズの旅行代理店でチトワン旅行のツアーに申し込むとたいていセットになっています。エレファントサファリの乗り場までは、ホテルからジープでの送迎がついていて、ガイドさんに連れて行ってもらえるので安心です。また、服装ですが、黄色や赤などの原色の色は動物が驚く色なので着ないようにとのことです。

途中で象使いの人が、お手洗いに行くということで、一度降りた象にまた乗る際の華麗な!?乗り方に皆ドキドキ 途中で象使いの人が、お手洗いに行くということで、一度降りた象にまた乗る際の華麗な!?乗り方に皆ドキドキ

運が良ければトラが見れるかも!?

象乗り場に着き、ガイドさんに案内された象に乗り、いざ出発です。象の背中に乗り台が設置されていて、定員は4人。4人以下だと相乗りになることが多いです。トラを見れたらすごくラッキーなんだそうですが、筆者が訪れた時はトラは現れず、シカ、サイ、クジャクが見れました。その他、チーター、クマ、イノシシなどが見れることもあるそうです。象は一頭で歩くことを好まないらしく、この日は、お姉さん象に筆者は乗り、妹象の2頭で回りましたが、姉妹愛の強い象だったので、一頭が止まるとどちらかが止まったりして、なんだかいい感じでした。自分が象に乗っている姿の写真撮影は、もう一頭の象に乗っている人達に撮影を頼む形で、ネパール人の皆様は和気あいあいでなさっていました。しかし、筆者は携帯電話を落とされたらなどと思い、勇気が出ませんでしたが、勇気のある方はどうぞ!

オススメは朝のボーティング、午後のエレファントサファリ

ガイドさんによりますと、朝早めの時間にボーティングと呼ばれる40分ほどの川下りをして、午後にエレファントサファリをするのがオススメなんだそうです。朝は動物たちが起き出して来る時間なので、ボーティングの際にいろいろな動物が見れる可能性が高いからとの事で、筆者は川辺でそれはたくさんのワニ、キングフィッシャーと呼ばれるカワセミ、孔雀などを見ました。ボーティングは15、16人ほどが定員のエンジンなしのボートで静かに川を下ります。また、エレファントサファリには午前中行く人が多いとの事で、午後に回ったほうがゆっくりと時間をかけてまわってくれる確率が高いとのことでしたよ。チトワン国立公園でのアクティビティーのベストシーズンは、ガイドさんによると、9月末から4月くらいまでとのことです。あなたも是非、訪れてみてはいかがでしょうか!