野生の王国、チトワンは、ネパール初の国立公園

ヒマラヤ山脈の麓に位置するネパール、白い雪山のイメージが強いのですが、南部はインドと国境を接する亜熱帯雨林が広がっています。インドと国境を接するネパールの南側にはタライ平原が広がり、広大なジャングルと草原地帯には多くの野生動物が生息しているのです。野生動物と自然保護のためにネパール政府は、インドと国境を接するネパール南部に2つの国立公園と3つの野生動物保護区を設けましたが、チトワン国立公園はそのうちの一つ。1973年にネパールで最初の国立公園に指定されました。さらに1984年には、ネパールで4つ目の世界遺産として登録されています。

チトワン国立公園に生息する絶滅寸前の動物たち

東西80キロ、南北23キロという広大な公園内は、熱帯雨林のジャングルや草原からなり、多くの動物たちが生息しています。その中には、絶滅の危機に晒されているものも少なくありません。1本のツノを持つインドサイ、ベンガルタイガー、野生のアジアゾウ、淡水に生息するガンジスイルカなどは絶滅寸前と言われています。そのほか、細長い口が特徴のガビアルと呼ばれるワニ、野生の水牛や、ヒョウ、ナマケグマも希少です。

インド、ネパールにかけて生息する一角のインドサイ インド、ネパールにかけて生息する一角のインドサイ

野鳥パラダイス、チトワンには450種の鳥類が!

チトワン国立公園は、野鳥の楽園としても知られています。公園内に生息する鳥類の種類は何と450種以上。これは、ネパール全土に生息する鳥類の種類の約半数であり、全世界に生息する鳥類の5%にあたります。孔雀やサギ、インコ、カワセミなどはよく見られる鳥類です。ハゲワシなど絶滅が危惧される鳥類も生息しています。また、冬の時期にはヒマラヤを越えてくる渡り鳥を見ることもできます。ジャングルの中はもちろんですが、ゲストハウスの庭や街中でも多くの鳥が見られる、まさに野鳥ファンにはおすすめのスポットと言えるでしょう。

アクセスよし、設備よしのワイルドサファリならチトワン

このように、全滅危惧種を含む多くの動物や鳥類が生息している地でありながら、チトワン国立公園のアクセスの良さと宿泊設備の質の高さは、注目に値します。チトワン国立公園の起点となるのは、国立公園に川を隔てて隣接するソウラハ村です。この村には、リーズナブルなゲストハウスから、設備の整った高級ホテルまで様々な宿泊施設があり、レストランやバー、ショップ、旅行代理店など、ツーリストが必要なものは一通り揃っています。また、ソウラハ村へは、ネパールの首都カトマンズからバスで6〜7時間。飛行機を使えばソウラハ村の最寄りの空港まで30分、空港から村までは車で30分。気軽に行けて、宿や食事が充実している野生の楽園として、観光客に人気なのも納得できます。