page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

【2019年版】教えて! 食料は? 宿は? トイレは? ネパールのヒマラヤトレッキングの素朴な疑問に答ます


掲載日:2019/08/14 テーマ:トレッキング・登山 行き先: ネパール / ゴレパニ

タグ: すごい! トレッキング 一度は行きたい 大自然 憧れ


ヒマラヤの麓を歩く憧れのネパールのトレッキング事情

8000m級のヒマラヤを眺めながら歩くネパールでのトレッキング 8000m級のヒマラヤを眺めながら歩くネパールでのトレッキング

ヒマラヤ山脈の南側の麓に東西に細長く位置するネパール。南アジアの小国ですが、ヒマラヤ登山やトレッキングのため、世界中から多くの人が訪れる国です。日本の登山家や山歩き愛好家にとっても、いつかは行ってみたい憧れの地という人は多いのでは? でも、海外トレッキングというと敷居が高く、勝手がわからなく不安という人も多いはず。そこで今回はネパールのトレッキングについて素朴な疑問にお答えします。

トレッキングと登山の違いは?

トレッキングでは村から村への生活道を歩く トレッキングでは村から村への生活道を歩く

ネパール政府は、6000m以上のピークを目指すものを登山、6000m未満の山歩きをトレッキングとしてはっきりと区別しています。両者は申請手続きも違えば、入山料も違います。トレッキングは基本的に山の村と村を結ぶ生活道を歩くため、岩登りなどの特殊な技術を要しません。

初心者でもトレッキングは可能なの?

難度の低いコースなら初心者でも十分歩ける 難度の低いコースなら初心者でも十分歩ける

ネパールのトレッキングコースは多岐にわたり日帰りできるコースから2週間の本格的コースまで様々です。コースによっては5000mの峠越えなど体力的にハードなものもあります。日本で一度も山歩きしたことがない初心者なら、1日〜数日程度の3000mレベルのコースが無難でしょう。自分の体力とレベルに合わせて様々なコースが選べますので、トレッキング会社と相談しながらじっくり検討しましょう。

数日間のトレッキング、食料は背負っていくの?

ネパールのカレー定食ダルバートは、トレッキング中一度は食べたい ネパールのカレー定食ダルバートは、トレッキング中一度は食べたい

ネパールでは3泊4日、6泊7日など長期にわたるトレッキングコースを歩くのは普通です。では、その間の食料は?全部背負って行くの?と心配になる人もいるかもしれません。コースによって状況は違いますが、メジャーな1週間以内のコースでは、村から村への距離は徒歩1〜3時間程度。村には茶屋があり、水やクッキーを売っている店もあり、宿では食事がオーダーできます。数時間分の水と飴やクッキーといったおやつだけ背負っていれば、数日分の食料を背負って歩く必要はありません。また、宿や茶屋では、ネパール料理であるダルバート以外にも、焼き飯や、スープ、ピザ、パスタなどがオーダーできます。

道中のトイレ、そして宿のトイレ事情は?

村から村への間にはトイレはありませんが、その間、約1〜3時間。村で休憩した時に、茶屋などのトイレを借りるのがよいでしょう。宿では、最近はトイレ付きの部屋があるロッジもあります。そういう場合は洋式トイレであることがほとんどです。まだまだバストイレ共同の宿も多くあります。洋式トイレでない場合は、しゃがみ式トイレで、水は自分でバケツに汲んで流すタイプが多いでしょう。

宿は雑魚寝タイプ?

宿に併設された売店。最低限必要なものはここで入手できる 宿に併設された売店。最低限必要なものはここで入手できる

日本の山小屋見られる、大勢の人が一つの部屋で雑魚寝するタイプの宿はネパールではほぼ見られません。多いのは二人部屋で、部屋には質素ながらベッドがおいてあり、枕やかけ布団も用意されています。最近では、バスルーム付きの個室を備え、ソーラーによってお湯シャワーが浴びれる宿も増えてきています。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/08/14)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索