page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

教えて!海外トレッキング中に役立つ外国語【ネパール語編】


掲載日:2020/02/21 テーマ:トレッキング・登山 行き先: ネパール / ゴレパニ

タグ: たのしい ためになる トレッキング 一度は行きたい 大自然


ネパール語を使えば、すぐに友達!

せっかくのネパールトレッキング、ネパール語をぜひ使ってみよう せっかくのネパールトレッキング、ネパール語をぜひ使ってみよう

ヒマラヤ山脈の麓に位置するネパールは、年間を通して多くのトレッカーが訪れる、海外トレッキングで人気の国です。トレッキングガイドは英語や日本語を話しますし、トレッキングルート上にある村の人々は、ロッジや茶屋を営む人が多く、カタコトで英語を話します。それでもネパール語を使えば、嬉しそうに笑顔を返してくれます。ここでは、トレッキングで役立つ簡単なネパール語を紹介しますので、ぜひ、トレッキング中に使ってみてください。

とにかく便利な「ナマステ」は、必ず覚えよう

ネパールの基本のあいさつといえば「ナマステ」 ネパールの基本のあいさつといえば「ナマステ」

まず、覚えて欲しいのが、とにかく便利なネパール語「ナマステ」です。元々は丁寧な挨拶だったようですが、今ではツーリストエリアでは、英語の「Hi」くらいの気軽さで使われるようになってきました。出会い頭に、朝でも、昼でも、夜でも「ナマステ」で大丈夫。トレッキング中すれ違う人々と、お茶休憩の茶屋で、気軽に使ってみましょう。そして、さよならする時も、「ナマステ」です。丁寧さを出したい場合は、立ち止まり、胸の前で両手を合掌のポーズをとりましょう。

歩いている時に使えるシンプルネパール語

ガイドさんにネパール語を教わりながら歩くのも楽しい ガイドさんにネパール語を教わりながら歩くのも楽しい

トレッキング中、ガイドとちょっとしたコミュニケーションをネパール語でとれば、彼らとの距離も一気に縮むこと間違いなし!例えば、「ゆっくり」は「ビスターレイ」、「早く」は「チト」、「疲れた」は「タカイ ラギョ」、「お腹がすいた」は、「ボーク ラギョ」、「足が痛い」は「クッタ ドゥキョ」、「頭が痛い」は「タウンコ ドゥキョ」。2〜3個覚えて使ってみましょう。

いいなと思ったら、「ラムロ チャ」を連発する

目の前にぱあっとヒマラヤが開けたような時、「いいね」「素晴らしい」と言いたくなりますよね。そんな時は、「ラムロ チャ」と言ってみましょう。風景だけでなく、いろんなものや人を褒める時、「ラムロ チャ」だけ覚えておけば、大丈夫!素敵な農家を見つけた時、きれいな花をみた時、かわいい村の子供にであったら、とりあえず「ラムロ チャ」で言いたいことは通じます。

宿や食堂で使ってみたいネパール語

ネパールのトレッキングは、数日がかりのコースが多く、村の宿屋に泊まりながら歩くことがほとんど。そこで宿や食堂で使える簡単ネパール語も紹介しましょう。おいしかった時は、ぜひ「おいしかった」=「ミートー チャ」と言ってあげてください。辛すぎた時は「ピロ チャ」と鳴き真似しながら言うと、ウケたりします。水が欲しい時は、「パニ ディヌス」(水ください)、お湯が欲しい時は、「タトパニ ディヌス』(お湯下さい)。せっかくのネパールのトレッキング、ネパール語を使って、ぜひ現地の人々とのコミュニケーションを楽しんでください

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/02/21)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索