page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

ネパールの世界遺産・名所ガイド

Sagarmatha National Park

サガルマータ国立公園

名称:サガルマータ国立公園(ネパール
英語名称:Sagarmatha National Park
ジャンル:世界遺産
分類:自然遺産
登録年:1979年

世界最高峰が待つ広大な山岳公園

標高8848mの世界最高峰、サガルマータ。ネパール語で「世界の頂上」を意味するこの名前は、チョモランマ、あるいはエヴェレストと言い換えてもいいだろう。この名峰を中心としたヒマラヤの山岳地帯一帯がサガルマータ国立公園として、世界遺産に登録されている。およそ4500万年前、大陸の衝突で海底が隆起して形成されたというヒマラヤ山脈。7000?8000m級の山々が連なる“世界の屋根”だが、山頂付近ではアンモナイトやウミユリなど海の生物の化石もよく発見されるという。公園内には、ユキヒョウやジャコウジカなどの絶滅危惧種、希少な動植物や鳥類も生息。またブルーポピーなどの固有植物、珍しい植物も多く、自然環境の保護がさけばれている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!ネパールの世界遺産最新情報

2018/05/14 世界遺産

ネパールの観光地/仏教の4大聖地の中で、唯一ネパールにあるルンビニを訪れてみよう

ネパール旅行イメージ-ルンビニは仏教の4大聖地のひとつ ルンビニは仏教の4大聖地のひとつ

世界中の仏教徒に人気なのが、インドにおける仏跡巡りのツアーです。仏教における聖地や、仏跡はインド各地にいまでも多く残っています。その中でも、4大聖地と呼ばれているのが、ルンビニ、ブッダガヤ、サルナート、クシナガラです。ルンビニはお釈迦様(ブッダ)生誕の場所。ブッダガヤはお釈迦様が大きな菩提樹の木の下で長い瞑想の末に悟りを開いた場所。サルナートは、悟りを開いたお釈迦様が鹿の住む林の中で、初めて説法を説いた場所。最後はクシナガラで、お釈迦様がお亡くなりになられた場所。この4つの聖地のうち、ひとつだけインドにないのがルンビニです。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ネパールの世界遺産「サガルマータ国立公園」についてご紹介します。サガルマータ国立公園の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。