世界遺産「サガルマータ国立公園(サガルマータ)」の詳細情報

ネパールの世界遺産・名所ガイド

Sagarmatha National Park

サガルマータ国立公園

名称:サガルマータ国立公園(ネパール
英語名称:Sagarmatha National Park
ジャンル:世界遺産
分類:自然遺産
登録年:1979年

世界最高峰が待つ広大な山岳公園

標高8848mの世界最高峰、サガルマータ。ネパール語で「世界の頂上」を意味するこの名前は、チョモランマ、あるいはエヴェレストと言い換えてもいいだろう。この名峰を中心としたヒマラヤの山岳地帯一帯がサガルマータ国立公園として、世界遺産に登録されている。およそ4500万年前、大陸の衝突で海底が隆起して形成されたというヒマラヤ山脈。7000?8000m級の山々が連なる“世界の屋根”だが、山頂付近ではアンモナイトやウミユリなど海の生物の化石もよく発見されるという。公園内には、ユキヒョウやジャコウジカなどの絶滅危惧種、希少な動植物や鳥類も生息。またブルーポピーなどの固有植物、珍しい植物も多く、自然環境の保護がさけばれている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!ネパールの世界遺産最新情報

2014/12/03 世界遺産

ネパールの世界遺産「カトマンドゥ盆地」その3 パタン、バクタプル、チャング・ナラヤン

ネパール旅行イメージ-ネパールの世界遺産「カトマンドゥ盆地」その3 パタン、バクタプル、チャング・ナラヤン ネパールの世界遺産「カトマンドゥ盆地」その3 パタン、バクタプル、チャング・ナラヤン

世界遺産「カトマンドゥ盆地」の7つの場所のうちの5つ目は、カトマンズの南6kmほどにあるパタンです。パタンはマッラ3王国時代の都のひとつで、その当時建てられた多くの建築物が残っていまです。別名「美の都」と呼ばれるように、様々な様式からなる寺院群は、どれもすばらしいもの。町の中心は、寺院や旧王宮が並ぶダルバール広場で、観光客の多くもだいたいこのあたりに集中しています。パタンが楽しいのは、旧市街の散策でしょう。小さな祠堂や井戸、町の人たちの休憩スペース…。のんびりとした町の風景は、ちょっと騒々しいカトマンズから来ると、妙にほっとするものがあります。また、ここは王朝時代以来の“職人の街”でもあります…続きを見る



「サガルマータ」を含むツアー一覧


最安料金万円

合算 目安 27.50万円28.20万円
旅行代金: 27.1027.80万円
燃油目安: 0.40万円
10日間
東京発

ネパール ツアー

世界最高峰 憧れのエベレストの絶景☆エベレスト街道 展望ハイキング☆シャンボチェの丘・山上ロッジにも滞在

ホテル:ホテル・バイシャリ(カトマンズ)、ロッジ…
航空会社:キャセイパシフィック航空 指定

日程表を見る

...かけて登ります。モンジェでサガルマータ国立公園の入園手続きをします...

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆


世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ネパールの世界遺産「サガルマータ国立公園」についてご紹介します。サガルマータ国立公園の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。