世界遺産「仏陀の生誕地ルンビニー(仏陀の生誕地ルンビニー)」の詳細情報

ネパールの世界遺産・名所ガイド

Lumbini the Birthplace of the Lord Buddha

仏陀の生誕地ルンビニー

名称:仏陀の生誕地ルンビニー(ネパール
英語名称:Lumbini the Birthplace of the Lord Buddha
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1997年

釈迦生誕の地とされる仏教四大聖地の一つ

国も宗派も異なる僧侶が、満月のたびに一同に会して法要を行う。仏教四大聖地の一つであり、世界遺産でもある仏陀の生誕地・ルンビニーならではの光景だ。紀元前6世紀。出産のため帰郷の途にあった王妃マーヤー婦人が、この地で満開の無憂樹に手をかけると右脇から仏陀が生まれたという。紀元前3世紀にインドを統一したアショーカ王がこの地を訪れた際、仏陀生誕の地である旨を石柱で示している。6世紀にマーヤーデビ寺院が建立され巡礼地として栄えたが、イスラム王朝による支配により、その存在は忘れられた。1896年にドイツ人考古学者が石柱を発見。再び巡礼地となったが、発見されなければ、と仮定すると一層神秘的に感じられる遺跡だ。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!ネパールの世界遺産最新情報

2014/12/03 世界遺産

ネパールの世界遺産「カトマンドゥ盆地」その3 パタン、バクタプル、チャング・ナラヤン

ネパール旅行イメージ-ネパールの世界遺産「カトマンドゥ盆地」その3 パタン、バクタプル、チャング・ナラヤン ネパールの世界遺産「カトマンドゥ盆地」その3 パタン、バクタプル、チャング・ナラヤン

世界遺産「カトマンドゥ盆地」の7つの場所のうちの5つ目は、カトマンズの南6kmほどにあるパタンです。パタンはマッラ3王国時代の都のひとつで、その当時建てられた多くの建築物が残っていまです。別名「美の都」と呼ばれるように、様々な様式からなる寺院群は、どれもすばらしいもの。町の中心は、寺院や旧王宮が並ぶダルバール広場で、観光客の多くもだいたいこのあたりに集中しています。パタンが楽しいのは、旧市街の散策でしょう。小さな祠堂や井戸、町の人たちの休憩スペース…。のんびりとした町の風景は、ちょっと騒々しいカトマンズから来ると、妙にほっとするものがあります。また、ここは王朝時代以来の“職人の街”でもあります…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ネパールの世界遺産「仏陀の生誕地ルンビニー」についてご紹介します。仏陀の生誕地ルンビニーの観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。