page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ネパール・カトマンズ・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

知る人ぞ知る?!ネパールはビーズ天国


掲載日:2007/10/22 テーマ:ショッピング 行き先: ネパール / カトマンズ

タグ: お土産 ショッピング 雑貨


ネパール、カトマンズのビーズマーケット

カラフルなビーズで作られた商品は、見ているだけでも楽しい気持ちになります カラフルなビーズで作られた商品は、見ているだけでも楽しい気持ちになります

ネパール、カトマンズのインドラチョークと呼ばれる場所の一角にビーズのお店ばかりが20〜30軒集まったところがあります。この一角は色とりどりのビーズで作ったネックレス、ブレスレットが所狭しとつるされていて、見ているだけでも楽しい気分になります。いつ行っても店先にはどれにしようか迷いながら商品を手に取るネパール人女性たちがいっぱい。また、これだけビーズのお店が集まっているところは他になかなかないので写真を撮るのにもいいポイントです。ぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか?

ビーズのめがねチェーンはおみやげにぴったり

一番右のめがねチェーンは80ルピー(約128円)その他は60ルピー(約96円) 一番右のめがねチェーンは80ルピー(約128円)その他は60ルピー(約96円)

ビーズで作られた商品はネックレス、ブレスレットなどがメインですがおみやげでおすすめしたいのは、ビーズのめがねチェーンです。日本ではシックなトーンの多いめがねチェーンですが、このビーズのめがねチェーンは遊び心満点で、ポップな感じものが多いのが特徴。
デザインもビーズをお花の形にして作ったフラット調なものや、ねじったものなど、いろいろ。お値段も60ルピー(約96円)から80ルピー(約128円)とお手頃なのでデザインや色違いでたくさん揃えても素敵ですね。

ビーズのネックレスはネパールでは既婚女性の印

ネックレスは左が30ルピー(約48円)真ん中が150ルピー(約241円)右が60ルピー(約96円) ネックレスは左が30ルピー(約48円)真ん中が150ルピー(約241円)右が60ルピー(約96円)

いつ行っても込み合っているここインドラチョークのビーズやさんですがビーズのネックレスはここネパールでは既婚女性の印なんです。ビーズのブレスレットやめがねチェーンは、未婚女性でも身につけますがなぜかネックレスだけは、既婚女性のものとか。でも、私達外国人は未婚でも既婚でも関係なく身につけています。
デザインもここインドラチョークが一番凝ったものが手に入ります。来るたびに新しいデザインのものが店先につるされているので、ついつい買ってしまいたくなります!

ビーズの商品はこうやって作られる

古い彫刻を施された石に糸をくくりつけて作業しています 古い彫刻を施された石に糸をくくりつけて作業しています

ビーズやさんが集まっている一角では、ビーズの商品を作っている人たちの姿もあります。何世紀ごろに作られたのだろうと思われる彫刻が施された石に無造作に糸をくくりつけて、ビーズのネックレスを作るスタイルはなんともネパール流?! ビーズ製品は女性が作ることが多いのかなと思っていましたが、ここで作業しているのはいつも男性です。
慣れた手つきで黙々と作業をしている姿は、なかなか見られない光景なのでいつも訪れるたびにじーっと見させていただいています。

【関連情報】

この一角のお店に店名はないのですが、お店番号はあります。私がいつもお買い物するのは店番号B14のこのお店です この一角のお店に店名はないのですが、お店番号はあります。私がいつもお買い物するのは店番号B14のこのお店です

■ビーズのお店の集まっている地区
カトマンズのインドラチョーク 

アクセス:ツーリストの集まるタメル地区から徒歩約15分
サイクルリキシャーで30ルピー(約48円)から40ルピー(約64円)
サイクルリキシャーは交渉制です。
アカッシュバイラブ寺院という有名な大きな寺院のちょうど向かい側です。
入り口が少しわかりづらいので、ポテパサールはどこにあるかと地元の人に聞いてみてください。ネパール語でポテとはビーズ、パサールとはお店の意味です。
営業時間:お店によって違いますがおおむね10:00〜19:00くらいです。
定休日:土曜日はネパールの休日なので閉まるところもありますが他の日はお祭り時以外は開いています。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/10/22)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索