page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ネパール・カトマンズ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ネパールの五つ星ホテルでランチビュッフェを楽しむ午後


掲載日:2007/10/31 テーマ:グルメ 行き先: ネパール / カトマンズ

タグ: おいしい グルメ


至福の時間を過ごせるランチビュッフェ

レストランはひろびろとしています レストランはひろびろとしています

ネパールの銀座と言うべき場所カトマンズのダルバールマルグにある五つ星ホテル、ヤク&イエティ。落ち着いた雰囲気の客室や広いお庭も魅力ですがここのレストランのお食事も大変おいしいんです。レストランは席の配置も贅沢にゆったりととってあり、プールや広いお庭を眺めながらのおいしいお食事は至福の時間です。
お食事はインドネパール料理がメインですが、メキシカンやスパゲッティーなどもあります。サラダの種類も豊富で旅行の間、不足しがちな野菜を補うのにもいいですね。

ほうれん草カレーは食べたことがありますか?

左がほうれん草とマッシュルームのカレーです 左がほうれん草とマッシュルームのカレーです

ほうれん草とマッシュルームのカレーは、インド料理ではポピュラーなカレーです。ほうれん草はピューレ状にするのでカレー自体の色が緑色をしていて、なんとも体に良さそうな気がします。その他にじゃがいもが入っているミックスベジタブルカレーもおいしいです。ネパールのじゃがいもは、肥沃な土壌のせいか、ゆでて塩をつけるだけでもおいしいので、たかがじゃがいもと思わずにぜひ味わってみてくださいね。
フライドポテトはビュッフェにある時とない時がありますがネパールに滞在したときはぜひ味わってみてほしい一品です。

パニールはベジタリアンのごちそうです

左側がパニールです。見た目は豆腐ですね 左側がパニールです。見た目は豆腐ですね

パニールとはカッテージチーズのことですが、ここネパールではベジタリアンのごちそうです。パニール自体に味はついていなく、こちらにマサラで味をつけるのですが、はじめて食べた日本人は大抵このパニールのとりこになってしまいます! ちょっと豆腐に近い感じと言ったらイメージできますでしょうか。その他にも、お肉料理やお魚料理などかなりたくさんのレパートリーがあって、いろいろと食べてみたくなるはずですが、まずは、おすすめしたいのがほうれん草カレーとパニールですので、そちらからスタートするのもいいかもしれませんね。

食後は広いお庭をお散歩しよう

食後はお庭をお散歩してみては? 食後はお庭をお散歩してみては?

ランチビュッフェはお昼の12時から15時までですが、その時間内はゆっくりと過ごすことが出来ます。ゆったりと過ごすことが出来るので、ついつい食べ過ぎてしまいます。そして、数種類あるデザートとコーヒーを味わった後は、食事の時に眺めていた広いお庭に出てお散歩するのがおすすめです。よく手入れされたお庭には、スイミングプールや小さな寺院もあって写真を撮ってもいい思い出になることでしょう。
また、別館では夜はカジノもやっていますので、興味のある方は夜、カジノを訪れてみてくださいね。

【関連情報】

こちらの右側に見える建物は新館です。宿泊は新館がおすすめです こちらの右側に見える建物は新館です。宿泊は新館がおすすめです

■ホテル名 ヤク&イエティ
URL http://www.yakandyeti.com/
住所 durbar Marg,kathmandu,NEPAL
アクセス ツーリストの集まる地区、タメルから徒歩約10分。ダルバールマルグと呼ばれる通りの中間地点にあります。タメルからタクシーで約5分、料金は50ルピー(約95円)。(近いのでメーターではあまり行ってくれなく、交渉して50ルピーほどです)
レストランビュッフェ営業時間
ブレックファーストビュッフェ 6:30-10:00
ランチビュッフェ 12:00-15:00
ディナービュッフェ 18:30-22:00
料金
ブレックファーストビュッフェ 808ルピー(約1329円)税金、サービス料込み
ランチビュッフェ 864ルピー(約1421円)税金、サービス料込み
ディナービュッフェ 868ルピー(約1427円)税金、サービス料込み

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/10/31)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索