page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ネパール・カトマンズ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

GWにおすすめの観光スポット・ネパールカトマンズ編


掲載日:2008/02/20 テーマ:観光地・名所 行き先: ネパール / カトマンズ

タグ: すごい! ショッピング 寺院


朝のカトマンズ盆地を見渡してみよう

丘の上にあるスワヤンブーナート 丘の上にあるスワヤンブーナート

カトマンズを一日観光するとしたら、まずは朝のスワヤンブーナート寺院からスタートするのがおすすめ。朝食後にタメルから30分から40分ほどかけてのんびり歩いてもいいし、タクシーでも10分ほどでスワヤンブーナートに到着します。正面玄関からの階段はとても急なので、のんびり行きたい方は裏門から行くと急な階段を登らないで行けます。スワヤンブーナートは丘の上にあるので、天気のいい朝はカトマンズ盆地をきれいに見渡すことが出来ます

ボーダナートでチベットの雰囲気を味わう

ボーダナートは、描かれた四方を見渡すブッダの目が印象的 ボーダナートは、描かれた四方を見渡すブッダの目が印象的

次は、同じく印象的なブッダの目が描かれたボーダナート寺院へ行ってみましょう。スワヤンブーナート寺院もボーダナート寺院も四方を見渡すブッダの目が描かれた寺院ですが、ボーダナートはチベット人の参拝者が多いので、チベットの雰囲気も味わうことが出来ます。ゴンパと呼ばれる僧院も敷地内にあるので、中に入ってバターランプに火を灯し、願い事をしてみるのも良いでしょう。僧院内は、動物の絵や曼荼羅などが描かれていたり、チベット芸術を垣間見ることも出来て興味深いです。

インドラチョークとアサンでお買い物

お店の軒先に吊るされたたくさんのサリー お店の軒先に吊るされたたくさんのサリー

さて、寺院巡りの後は、中世にタイムトリップしたような雰囲気を持つ最もカトマンズらしい場所、インドラチョーク、アサン地区へ行ってみましょう。車が通ることが出来ないほどの狭い通りに、両側にぎっしりと小さなお店が並んでいます。サリー、ショール、生地、スパイス、生活雑貨などありとあらゆるお店があって、見るだけでもワクワクした気分になります。商品の価格は交渉制のところが多いので、気に入ったものを見つけたら、何軒かまわってみて、相場を把握してから買うのがいいでしょう。

夕方から活気づくダルバールスクエアへ

カーラバイラブ神は、私たちがあの世へ行くときに迎えに来ると言われています カーラバイラブ神は、私たちがあの世へ行くときに迎えに来ると言われています

インドラチョーク、アサン地区から歩いて5分程度の距離にダルバールスクエア(広場)があります。ダルバールスクエア内には、生き神クマリが住むクマリの館、一本の大木から作られたと言われているカスタマンダップ寺院、カーラバイラブ神像など見どころいっぱい
広場中央の一番高い建物のシヴァ寺院の上から、夕暮れ時間のダルバールスクエアを見下ろすのもおすすめ。カトマンズの活気を肌で感じてください。

【関連情報】

1.タメルからスワヤンブーナート寺院までツーリストの集まる中心地区タメルからタクシーで10分程度。徒歩30分から40分程度。
2.スワヤンブーナート寺院からボーダナート寺院までタクシーで40分から1時間程度。
3.ボーダナート寺院からインドラチョーク、アサン地区までタクシーで30分程度。
4.インドラチョーク、アサン地区からダルバールスクエアまで徒歩5分程度。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/02/20)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索