page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ネパール・カトマンズ・癒しの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

カトマンズの露天風呂で旅の疲れを癒そう!


掲載日:2008/07/17 テーマ:癒し 行き先: ネパール / カトマンズ

タグ: レストラン 日本食 癒し


元々はオーナー専用の露天風呂

竹林の中の露天風呂でリラックス 竹林の中の露天風呂でリラックス

ロイヤル華ガーデンの露天風呂は、もともとは日本人オーナーの戸張さんご自身の住まいの露天風呂でした。そして戸張さんが友人などを招待していたところ、これが非常に好評だったそうで1998年に露天風呂として営業をはじめました。ツーリストの中心地区タメルから徒歩約15分にあるラジンパットの都心とは思えない静かな環境の中、竹林が生い茂る中に露天風呂はあります。トレッキングの疲れを癒す方から、露天風呂の心地よさを知った地元ネパール人までお客様はさまざま。あなたも旅の疲れを癒しに訪れてみてはいかがでしょうか。

よもぎ湯やゆず湯も楽しめる

露天風呂併設のレストランは、たくさんの緑に囲まれています 露天風呂併設のレストランは、たくさんの緑に囲まれています

露天風呂は、地下水を90度に沸かし使用しています。90度に沸かすのは、カトマンズの標高が約1300メートルで沸点が低いので、90度までしか沸かせないということなんだそうです。これを露天風呂の中に入れ、水で適宜うめながらちょうどいい温度になるように調整します。そしてこの露天風呂は季節によって、よもぎ湯やゆず湯が楽しめるのも魅力のひとつ。露天風呂のお湯は毎日取り替えられ、浴槽も毎日掃除されるので、お湯は大変きれいです。午後3時の営業開始時間の頃に一番風呂を狙っていらっしゃるお客様も多いそうですよ。

露天風呂には手ぶらでどうぞ

更衣室は鍵つきロッカーも完備 更衣室は鍵つきロッカーも完備

ロイヤル華ガーデンには、温水シャワーや更衣室もあり、バスタオル、石けん、シャンプーなども用意されています。そして、男性には半ズボン、女性にはかぶるタイプの体に巻く布も用意されていますので、そちらを身につけて露天風呂に入るスタイルです。
また、水着で入ってもよいそうですが、必ず何か身につけて入ってくださいね。まず、露天風呂に入る前に温水シャワーに入り、いざ、露天風呂へGO!!
竹林やたくさんの緑に囲まれながら、露天風呂に入るのは至福のひとときとなることでしょう。

露天風呂のあとは、レストランへ

お弁当360ルピー(約612円) お弁当360ルピー(約612円)

露天風呂でさっぱりしたあとは、併設の日本食レストランでひといきするのが、オススメ。おつまみや一品料理のほか、鍋料理、しゃぶしゃぶ、鉄板焼き、押し寿司、うどんなど、さまざまなメニューが揃っています。しゃぶしゃぶと鉄板焼きは二人前のセットメニューが800ルピー(約1360円)で、お肉と野菜と麺のセットです。
また、オーナーの戸張さんのお客様をお待たせしたくないという心遣いから、まず、席に着いたらサービスの小鉢4〜5皿がついてくるのも、嬉しい限りです。
カトマンズにいらしたら、ぜひ訪れてみてほしいそんなロイヤル華ガーデンです。

【関連情報】

■ロイヤル華ガーデン
住所:Lazimpat,Kathmandu,Nepal
アクセス:ツーリストの中心地区タメルから徒歩約15分のラジンパットという場所にあります。フランス大使館の近くです。
電話番号 4416200
URL http://www.royalhana.com
露天風呂入浴料:340ルピー(約570円)
営業時間:露天風呂 15:00〜21:00、レストラン 11:00〜21:30(ラストオーダー21:00)、定休日 原則としてなし

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/07/17)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索