page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ネパール・カトマンズ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ネパールでおいしいインド料理を食べるなら、ネパール在住インド人イチオシのここへ!


掲載日:2008/07/23 テーマ:グルメ 行き先: ネパール / カトマンズ

タグ: おいしい グルメ スパイシー料理 レストラン


本場のインド料理がネパールでも味わえる

ナンダン外観 ナンダン外観

旅行でネパールを訪れたからには、ネパール料理とともにインド料理もぜひ味わってみたいもの。インドはネパールの隣国であり、ビザなしで両国民が行き来できることから、ネパールにはたくさんのインド人が住んでいます。そういうわけで、ネパールで味わうインド料理は本場の味そのもの。そして、更に嬉しいのはインド本場の味がネパールでは手頃なお値段で味わえること
今回は、主に南インド料理を出すインドレストラン「ナンダン」で味わえる料理をご紹介しますね!

マサラドーサにびっくり!

マサラドーサ80ルピー(約136円) マサラドーサ80ルピー(約136円)

マサラドーサは、粉を薄く溶き、クレープのように焼いたものの間に、じゃがいものカレー炒めをはさんである南インド料理です。初めてオーダーして出て来た時は、お皿からはみだすほどの大きさのマサラドーサにきっとびっくりすることでしょう。そして、酸味のあるサンバルと呼ばれるカレー、ココナッツ味のアチャールなども付いてきます。とても大きいので、食べられるかなと思いますが、とってもうすく焼いているので、意外と食べられますのでご安心を! 南インド料理は、酸味が効いているのがポイントです。

イドリーは米粉で作った蒸しパン

イドリーバダ60ルピー(約102円) イドリーバダ60ルピー(約102円)

イドリーとは、米粉で作られた蒸しパンのようなもので、形は丸く角は薄く中央はこんもりと盛り上がっています。イドリー自体には、ほとんど味はついていなく、イドリーにカレーやアチャールと呼ばれるつけあわせをちょこっとつけて、味わいます。イドリーバダと呼ばれるものは、イドリーに酸味のあるカレーがたっぷりかかっていて、イドリーにカレーの味がしみ込んでいます。このカレーには、赤トウガラシが丸ごとたくさん入っているので、辛いのが苦手な方は赤トウガラシを食べないようにしてくださいね。

今度はふくらんだプーリーにびっくり

プーリーバジ50ルピー(約85円) プーリーバジ50ルピー(約85円)

プーリーは、小麦粉を練って平たく丸く伸ばしたものを油で揚げたものですが、ここナンダンのプーリーは、写真の通りふっくらとふくらんだ状態でサーブされます。プーリーバジというセットを頼むと、じゃがいものカレーと共にサーブされますので、プーリーをカレーに少しつけながら食べてみてください。他にもメニューは豊富でターリーと呼ばれるカレー&ナンセット135ルピー(約229円)なども、おすすめです。
本場インド料理がカトマンズで食べたくなったら「ナンダン」にぜひどうぞ。

【関連情報】

店名 ナンダン
住所 Pyukha Tole,Newroad Kathmandu,Nepal
アクセス:ビシャールバジャールと呼ばれるニューロードのショッピングセンターからニューロードゲートへ向かって歩いてください。(ニューロードゲートがどちら方面か近くのネパール人に聞いてみてください。)ニューロードゲートに向かう道の右側にエベレストバンクという銀行があります。エベレストバンクは右側の角にありますが、ここを左側の道に入ってください。左に曲がって数軒先左手にあります。
電話番号 4241498
定休日 原則としてなし
営業時間 8:00〜21:00

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/07/23)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索