page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ネパール・カトマンズ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

カトマンズの中世的な匂いをインドラチョーク、アサンで感じよう!


掲載日:2008/10/21 テーマ:観光地・名所 行き先: ネパール / カトマンズ

タグ: ショッピング 街歩き 雑貨 寺院


カトマンズのざわめきを感じる通り

アサンチョークにあるアンナプルナ寺院 アサンチョークにあるアンナプルナ寺院

カトマンズに来たからには、是非訪れてもらいたいアサンからインドラチョークにつながる通り。スパイス、お香、サリー、ショール、生地、靴などを扱う昔ながらの小さなお店が並んでいます。一軒一軒のお店の軒先は低く、かがまないと入れないくらいのお店もあり、この通りを歩くと、カトマンズらしい匂いを感じることが出来ます。こういうお店を見ながらこの通りを歩くのは、地元ネパール人だけでなくネパールに観光で訪れる人やネパール在住外国人にとっても、楽しいものです。まずは、アサンチョークからスタートしましょう。

たくさんあるお香の種類

お香のお店 お香のお店

アサンのアンナプルナ寺院を背にして、インドラチョークへ抜ける道にまず入ったところに、お香を扱う店がいくつも並んでいます。この辺りのお店は卸しのお店ですが、一般への小売もしており、タメルなどで買うよりも安く買うことが出来ます。手漉きのネパール紙の中にお香の粉を入れ、ねじって作ったネパールならではのお香やチベット式のお香、インド製のお香などありとあらゆるお香が揃っています。日本で手に入りにくい種類のお香もたくさんあるので、お香好きの方必見です。

クルタスルワールはパーティーにもぴったり

クルタスルワールのお店 クルタスルワールのお店

この通りを歩いていると、お店の軒先や2階部分にネパール女性の民族服クルタスルワールがかかっているのが目に付くはず。長めのワンピースにパンツ、それにショールを合わせるクルタスルワールは日本でのパーティーにもぴったりです。買い方ですが、日本のように自分で棚から取って見るスタイルではないので、まずは、お店の人にレディーメード(既製服)かピース(布だけで仕立ては別)のどちらが希望かそして、見せてもらいたい色を伝えてみてください。レディーメードのスパンコールつきは2000ルピー(約3400円)くらいからです。

真鍮製品のお店

真鍮製品のお店 真鍮製品のお店

また、この通りにはたくさんの真鍮製品を扱うお店が並んでいます。真鍮製品の食器を使うのはネパールでは体にいいと言われていて、日常の食器に真鍮製品を使っている家庭も多いです。食器なども素敵ですが、キャンドルスタンドやオイルを入れて使うスタンドなどさまざまな真鍮製品が所狭しと並んでいます。この通りを抜けると右手にアカッシュバイラブ寺院があります。そこから、マカントールを抜けるとそこはもうダルバールスクエアです。カトマンズの息遣いを感じる場所、アサン、インドラチョーク、ぜひあなたも訪れてみてくださいね!

【関連情報】

アカッシュバイラブ寺院。インドラジャトラ祭期間だけ神様は外に出ます アカッシュバイラブ寺院。インドラジャトラ祭期間だけ神様は外に出ます

■アサン、インドラチョークへのアクセス
カトマンズのツーリスト中心地区タメルから徒歩15分程度。タメルの中心地区タメルチョーク(ナルシンゲートとも呼びます)でタヒティ地区への道を聞いてください(まっすぐ一本道)。タヒティ地区からアサンへ抜ける道も一本道ですので近くにいるネパール人に聞けば、教えてもらえるはずです。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/10/21)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索