page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ネパール・カトマンズ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

つるんつるんのプルップル!ヒマラヤを越えてやってきたストリートフード「ラピン」


掲載日:2015/09/02 テーマ:グルメ 行き先: ネパール / カトマンズ

タグ: おいしい 珍しい 名物


チベット人の多いエリアにしかない幻?のヌードル

見た目にもつるつるしていて何だか涼しげ。のど越しがいい! 見た目にもつるつるしていて何だか涼しげ。のど越しがいい!

 インドとチベットを結ぶ、古くからの交易の街、カトマンズ。インド色の強いもの、中華風のもの、チベット風のもの、様々にネパールの人々に取り入れられて独自のスタイルを築いてきました。生活様式や文化のみならず、食においてもネパール風にアレンジされて根付いたものが数多くあります。そして、近年チベット人の多く住む世界遺産ボダ・ナート周辺で地元ネパール人ウワサのチベット・ストリートフードが今回ご紹介する「ラピン」。小腹が空いた時に持ってこいのラピン、早速トライしてみましょう!

目指すはラピン専門店が軒を連ねるフルバリ通り

看板など見なくても、歩いていると見えるので間違えることはないでしょう 看板など見なくても、歩いていると見えるので間違えることはないでしょう

 ボダ・ナートのストゥーパ周辺でも、お店の脇に小さなテーブルを置いて屋台にしているところがありますが、ここまで来たら、ストゥーパの北東に伸びるフルバリ通りへちょっとだけ足を伸ばしてみましょう。雑貨屋に八百屋、仕立屋、オイルランプに仏具・・ありとあらゆる生活必需品が揃う通りを100mほど進むと、右手に5件くらいラピン専門店が軒を連ねています。メニューはラピンのみ!というところもあれば、時間はかかるけれどもチョウミン(ネパール風焼きそば)やモモ(餃子)を出すところもありますが、ここへ来てラピンを食べないのは邪道というもの。「一杯くださーい!」

プルプルしたクレープのようなものがラピンの正体

4〜5件が並んでいるので、はしごして食べ比べるのもまたよし 4〜5件が並んでいるので、はしごして食べ比べるのもまたよし

 黄色っぽいラピンは、小麦粉をこねて団子状にし、それを更に水の中でよくこねると、水に溶け出してくる白いデンプンを含んだ汁を薄く伸ばして蒸したもの。残ったのはグルテンで、それもラピンの上にパラリと乗っています。もう一つの白い大きな塊のほうは、緑豆などのでんぷん粉から作るもので、ういろうのような食感。どちらもヌードル状に切って器に盛り、山椒粉、お好みでチリパウダー、潰したにんにくのスープとほんのり酢の効いた醤油ベースのソースをかけてお箸で頂きます。チベットのみならず中国各地で食べられている料理だそうですが、まだまだネパールでは目新しいストリートフード。とは言え、小さな店内はどこもネパール人の若者で賑わっていました。

切り口が赤い渦巻き模様!チリペーストを塗って巻いた激辛バージョンは

たっぷりのチリペーストに少し塩を加えて・・・辛さは想像にお任せします。 たっぷりのチリペーストに少し塩を加えて・・・辛さは想像にお任せします。

 スープスタイルではなくて、クレープのような感覚で、クリームではなくチリペーストを塗るラピンもあります。ペーストを塗り、同じようにクルクルと巻いて2cmくらいの幅に切って器に盛ります。切り口が薄い黄色と真っ赤なチリの渦巻き模様になっていてキレイなのですが・・・辛い!日本人にはかなり衝撃の辛さかもしれません。紹介したものはそれぞれ一杯30ルピー(約35円)とお値段も超手頃。満腹にはなりませんが、ちょっと何か食べたいなという時にはぴったりの量。特にこのつるんとした食感は、暑い季節にはもってこい。他にもボダ・ナート周辺ではチベットならではの揚げ菓子カプセやバフ(水牛)のダシがよく効いたヌードル・スープなど、ここでしか味わえないストリートフードが沢山。どれも逃せません!

<関連情報>

看板にはいろいろとありましたが、お客さんは皆ラピンを食べていました!ここに来たらやっぱりラピン! 看板にはいろいろとありましたが、お客さんは皆ラピンを食べていました!ここに来たらやっぱりラピン!

◆住所・アクセス:ボダ・ナート界隈の路上や小さなレストラン。わかりやすいのは本文に記載したフルバリ通りにあるお店です。
◆時間:あまり早い時間には開いていません。正午くらいから夕方までなら間違いなく食べられます。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2015/09/02)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索