ネパール人はみんな大好き国民食的な「モモ」

ネパールで「モモ」という可愛いネーミングの食べ物は、ギョウザのことです。日本で食しているギョウザとは少し形態が違いますが、馴染みのある食べ物ですので、私たち日本人にとても合うモモです。ネパール人は、老若男女問わずモモが大好きで、主に午後2時か3時頃におやつ代わりに食べることが多いです。モモは一皿に10個から12個入っていて、一緒についてくる辛いソースにつけて食べます。私たちにはおやつにしてはヘビーなので、ランチやディナーにいただきましょう!

ネパールの午後の食べ物はこれで決まり?! みんな大好き「モモ」 ネパールの午後の食べ物はこれで決まり?! みんな大好き「モモ」

一番人気は水牛肉モモだが、ローカル店ではなくレストランがオススメ

ネパールでは、一番人気は水牛肉のモモで、ローカル店では何段もある大きな蒸し器が店頭に出され、調理されています。これが通常ネパール人が午後に食べる一般的なおやつです。ローカル店では、水牛肉モモしか扱っていないところも多いです。ローカル店のモモはあまり衛生状態が良いとは言えず、特に夏の間は、ネパール人でもローカル店の水牛モモを避ける人も多いです。旅行者の皆さんは、出来たらレストランで召し上がってくださいね。

レストランではモモの具、スタイル共に種類も豊富!

レストランでのモモの具の種類は、水牛、チキン、ベジの3種類が一般的です。モモのスタイルとしては、steamと呼ばれる蒸しギョウザ、fryと呼ばれる揚げギョウザ、soupと呼ばれる水餃子、またkothey(コテ)と呼ばれる蒸した後に焼き色をつける日本のギョウザに近いスタイルのものを取り扱っているレストランもあります。面白いのは、お店によって包み方も違うことです。包んでしまうと中身が何かわからなくなるため、種類ごとに包み方を変えているお店も多いです。また、モモの皮も手作りなのでお店により、厚さもけっこう違います。ネパールでは飛び込みでもいいですが、宿泊しているホテルの人にモモのオススメレストランを聞いてみるのもオススメですよ。きっとみんな喜んで教えてくれることでしょう! ネパールを訪れたのなら、外せないモモ! あなたのお気に入りを、ぜひ見つけてくださいね!