本格的なタカリ料理にトライしてみよう!

今回ご紹介するレストラン「ムスタン・タカリ・チュロ」は、ネパールのツーリストが集まる地区タメルのナルシン・チョークの近くにあります。ネパールにはいろいろな民族がいますが、タカリ族は美味しい料理を作ることで有名な民族なんです。店主のミランさんはタカリ族ではないのですが、奥様がタカリ族で、アメリカのネパールレストランで働いた経験を持つ奥様のご両親がシェフとしてこのお店の味を支えています。店主のミランさんは日本語を話し、オススメのタカリ料理など詳しく説明してくれます。日本人の私たちにとっては、とても行きやすいレストランです!

ムスタンタカリチュロ店内 ムスタンタカリチュロ店内

ネパールの定食ダールバートにもさまざまなアレンジが!

ネパールの定食はダールバートと呼ばれ、ダール豆のスープ、バートと呼ばれるご飯、タルカリと呼ばれる野菜をスパイスで炒めたもの、アチャールと呼ばれるピクルスが基本です。ここでは、主食はご飯だけでなく、ディロと呼ばれるそばがきを選ぶことが出来、このそばがきは基本的にタカリ料理のレストランで味わえます。また、マイズライスと呼ばれるとうもろこしから作られたご飯もあり、筆者はこちらのファンです。ミランさんに注文する時は「とうもろこしご飯でお願いします!」と、日本人にはネーミングは既にとうもろこしご飯になっています!

夜は地酒とおつまみでまったり!

こちらのレストラン、以前日本人の友人や知人とのランチに筆者が連れて行くことが多かったのですが、ほぼ100%と言っていいくらい、皆様夜に再度単独で訪れていることが多かったんですよ! 夜は地酒とおつまみでまったりとした時間を過ごすのにここはピッタリです。地酒に興味がある方にトライしていただきたいのが、「アップルブランデー」と呼ばれるムスタン地方で採れたりんごから作られたお酒、またウワと言うムスタン地方で採れたシコクビエのお酒です。こちらの地酒が置いてあるレストランはなかなかないので、是非どうぞ! おつまみには、「スクティ」と呼ばれる干し肉を使った数々の料理、「カンチャンパ」と呼ばれるそば粉を練って揚げたもの、「アルティムール」と呼ばれるじゃがいもにスパイスと山椒を合えたものなど、その他にも紹介しきれないほどたくさんあります! 是非、店主のミランさんがいましたら、いろいろと聞いてみてくださいね!
https://www.facebook.com/Mustang-Thakali-Chulo-and-Resturant