page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

カトマンズのタメル地区でおすすめの「ヤンリンレストラン」へようこそ


掲載日:2018/05/08 テーマ:グルメ 行き先: ネパール / カトマンズ

タグ: おいしい グルメ レストラン


カトマンズの中心地区タメルにある人気のローカルレストラン

ヤンリンレストラン店内(こちらは禁煙席ブース)、タメルのチェトラパティ地区にある「Sony Handicrafts」の2階にあります。 ヤンリンレストラン店内(こちらは禁煙席ブース)、タメルのチェトラパティ地区にある「Sony Handicrafts」の2階にあります。

「ヤンリンレストラン」のオーナーは山の方の民族であるシェルパ族の働き者のご夫妻で、1990年代終わりまでは「ギリンチェ」というレストランをタメル地区で経営していました。その後、ご夫妻は「ギリンチェ」を売りに出し、しばらくアメリカに滞在していたそうです。またネパールに戻って「ヤンリンレストラン」をタメルのサートグムティ地区にオープンして、私も度々訪れていましたが、地元ネパール人でいつもにぎわっていました。そして、2017年の終わりにタメルのチェトラパティ地区の新築のビルへ引越した「ヤンリンレストラン」、よりパワーアップしていましたよ。

まずはネパール人の国民的スナック「モモ」をどうぞ

ベジコテモモ200ルピー(約208円) ベジコテモモ200ルピー(約208円)

ネパール人は、「モモ」と呼ばれる日本で言えば「ギョウザ」が大好きです。「モモ」は皮から手作りし、その厚さや包み方などで、各店ごとに特色が出ます。「ヤンリンレストラン」の「モモ」は、皮の薄さが絶妙で、タメル地区でここの「モモ」が一番好きというネパール人も多いです。モモの中身は、「ベジ」と呼ばれる野菜のみ、「バフ」と呼ばれる水牛肉、「チキン」、「ポーク」があります。そして、調理方法は、「スチーム」と呼ばれる蒸し、「フライド」と呼ばれる揚げ、「コテ」と呼ばれる片面のみこげ色をつけるタイプ、「チリ」と呼ばれるものは「モモ」に玉ねぎ、ピーマン、トマトなどの野菜をチリ味をつけてからめたものです。ここは種類や調理方法も豊富なので、お好きな組み合わせで召し上がってみてください。

「テントゥック」と「チキンチリ」もどうぞ!

ベジテントゥック180ルピー(約187円) ベジテントゥック180ルピー(約187円)

その他、「テントゥック」と呼ばれるきしめん風の平たい麺と野菜などが入ったスープは、筆者はいろいろなレストランで頂きましたが「ヤンリンレストラン」のがイチオシです。また、お酒のおつまみにピッタリなピリ辛味の「チキンチリ」は人気のメニューだそうです。新しく「シェルパビール」と呼ばれるものも取り扱っていたので、チキンチリと一緒にどうぞ。その他、店内は、禁煙席と喫煙席が別セクションになっているので、使いやすいです。ネパールでは、まだまだ分煙が進んでいないところも多いので、重宝します。タメル地区でローカルフードを召し上がるなら、イチオシの「ヤンリンレストラン」。あなたも訪れてみませんか!

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/05/08)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索