ネパールでお酒といえば、ロキシーのこと

お酒好きの人にとっての旅の楽しみのひとつは、その国ならではの地酒を飲むことではないでしょうか? そこで今回は、ネパールに来たらぜひ飲んでほしいおすすめの地酒ベスト3をご紹介したいと思います。まず、一番目はロキシーです。ロキシーは、農家でよく作られる地酒です。蒸留酒の一種ですが、ヒエやコメ、トウモロコシなどさまざまな材料から作られ、原料によって香りや味が違います。中でも、ネパール人がもっとも好むのはネパール語でコドと呼ばれるシコクビエを原料にしたロキシー。ロキシーの度数は40度を超えるものがあるほどで、結構強いのですが、あまり癖がなく飲みやすいお酒です。水で割って薄めてある場合もありますが、強すぎるときは割って飲みましょう。家庭ごとの味がありますで、いろんなところでロキシーの飲み比べをするのも楽しいと思います。

レストレンでは、ロキシーはこんな洒落た入れ物でサーブされる レストレンでは、ロキシーはこんな洒落た入れ物でサーブされる

ちょっと甘くて飲みやすいチャン

家庭で作られるお酒で、ロキシーよりも簡単に作れるのがチャンとよばれるどぶろくです。チャンは、ご飯や麦を炊いたものに麹を混ぜて数日間発酵させたもの。それを水やお湯で割って飲むのですが、甘口で度数も低いので飲みやすいお酒です。ご飯を炊きすぎて余った時など、さっと麹を混ぜてカバーをかけ、温かいところに数日〜1週間置いておけばできあがり。ロキシーはローカルな居酒屋で飲めますが、チャンを置いている店は少ないので、民家に招かれた時やトレッキングのロッジなどでチャンがあるかどうか聞いてみましょう。

チャンは白く濁っていて、酸味と甘みがある チャンは白く濁っていて、酸味と甘みがある

寒い冬に、お湯を足し足し飲みたいトゥンバ

寒い冬におすすめなのが、トゥンバと呼ばれるチベット系の民族がそれぞれの家庭で作る地酒です。このトゥンバというお酒、飲み方がちょっと変わっています。まず、トゥンバ専用の容器に発酵させたヒエを入れます。ここにお湯を入れてしばらく待つとぶくぶくと泡が出てきますので、それが飲み頃の合図です。それを専用のストローで飲むのですが、このストロー、先の方が潰れていて、ヒエの粒々が口に入らないようになっています。ちょっと酸味があって甘みもあるトゥンバは寒い冬にぴったりのお酒。お湯がなくなったら、3〜4回継ぎ足し継ぎ足し飲めます。チベット、シェルパ系の飲み屋で飲めますのがメニューには書かれてないことがほとんどなので、お店の人にリクエストしましょう。こんな風にネパールにはさまざまな地酒があります。お酒好きの人は、ぜひ、ネパールの地酒に挑戦してみてください!

トゥンバは、専用の容器でいただく トゥンバは、専用の容器でいただく