ネパールでは、1日に数回カジャというおやつを食べる

旅行の楽しみの1つは食べること。ヒマラヤの国、ネパールの食事といえば、ネパール人が毎日朝晩食べているダルバートというネパールカレー定食が定番です。ネパールに旅行に行くならぜひ、一回はダルバートを食べてみて欲しいのですが、ちょっと小腹が空いたかなという時にチャレンジして欲しいのが立ち食いおやつ。ネパールの食事のスタイルはご飯は1日2回、朝と晩のダルバートなのですが、ご飯の合間にちょこちょこカジャと呼ばれるおやつのような軽食を食べています。

インスタントラーメンの袋に詰めて手渡される立ち食いカジャ、チャットパット インスタントラーメンの袋に詰めて手渡される立ち食いカジャ、チャットパット

がっつり系のカジャ以外に、立ち食いちょこっとカジャもある

朝起きてすぐ、早めの午後、夕方などご飯とご飯の間、小腹が空いた時に食べるカジャ。がっつり食べたいなら、食堂やカフェで、モモ(ネパール風餃子)やチョウメン(焼きそば)ですが、ちょこっとだけ食べたいなら屋台の立ち食いカジャがオススメです。観光の合間にちょっとお腹が空いた時、ネパール人に混じって立ち食いカジャにチャレンジしてみましょう。

インド系立ち食いカジャといえば、パニプリ&チャットパット

インドでも定番おやつですが、ネパールでも大人気なのがパニプリとチャットパット。パニプリは、中が空洞になっている小さな揚げパンのようなものに茹でて潰したじゃがいもを詰め、パクチーたっぷりのレモンとスパイスで味付けした汁をかけて食べるというもの。チャットパットは、調理してないインスタントラーメンの麺に、パフライス、玉ねぎのみじん切り、豆、じゃがいも、キュウリなどをスパイスと唐辛子とレモンで味付けしたもの。どちらも辛いので、辛いのが苦手な人は「唐辛子入れないで(クルサニ ナハルヌス)」と伝えましょう。スパイスの独特の風味が好き嫌いが分かれるところですが、癖になる人も多いですよ。

たこ焼きくらいの一口サイズのパニプリ たこ焼きくらいの一口サイズのパニプリ

素朴な味わいの立ち食いカジャもおすすめ

マサラ(カレースパイス)テースト全開のパニプリやチャットパットもネパールらしくていいのですが、素朴な味わいの方が好みという人には、炒り豆のカジャはいかが?殻付きのピーナッツは、殻をポロポロむきながら食べるのがなんだか新鮮です。ピーナッツ以外にも大豆やひよこ豆の炒ったものや、ポップコーンなどもよく食べられます。トウモロコシの季節には道端でトウモロコシを焼いているのもよく見かけます。ネパールのトウモロコシは、日本のスイートコーンのように甘くもないし柔らかくもないのですが、しっかりとした穀物の味がします。ネパール人は、塩唐辛子と一緒にいただく人もいます。たまには、こんな素朴な昔ながらのおやつを食べるのも楽しいものです。

香ばしい殻付きピーナツは懐かしい味 香ばしい殻付きピーナツは懐かしい味