page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

ネパールローカルグルメ! お酒がぐいぐい進む、おすすめのおつまみを一挙紹介!


掲載日:2019/03/09 テーマ:グルメ 行き先: ネパール / カトマンズ

タグ: おいしい グルメ ビール 辛い 名物


ネパールのおつまみグルメは、スパイシーでビールがすすむ

ネパールのおつまみは、唐辛子や生姜、ニンニク、香辛料が効いたパンチのある味のものが多い ネパールのおつまみは、唐辛子や生姜、ニンニク、香辛料が効いたパンチのある味のものが多い

旅の楽しみはいろいろですが、昼間からビールが飲めるのは、酒好きにはたまりません。そしてお酒には、おつまみがつきものです。というわけで、今回は、ネパールならではのローカルなおつまみをご紹介したいと思います。お隣のインド同様、香辛料を多用するのがネパール料理の特徴ですが、ピリリとパンチの効いた料理はビールにはぴったりです。せっかくのネパール旅行ですから、ネパールらしいおつまみと一緒にお酒を味わってほしいもの。ここでは、おすすめのお酒が進むローカルグルメをご紹介しましょう。

定番ナッツ類も、香辛料入りでパンチのある味

炒った大豆の代わりに、ピーナツでもおいしい 炒った大豆の代わりに、ピーナツでもおいしい

お酒のつまみとしてナッツ類は定番ですが、ネパールスタイルのナッツは酸味と辛味が絶妙でビールにぴったり。中でもオススメはバトマスサデコ。炒り大豆のピリ辛マリネといえばよいでしょうか? 炒った大豆に玉ねぎ、トマト、パクチー(コリアンダーの葉)、唐辛子を刻んで入れて、塩とレモン、ターメリック、オイルで和えたもの。レモンの酸味と唐辛子の辛味が絶妙です。パフライスと一緒に食べるとおやつにもなります。

ネパール風ピリ辛野菜天ぷらもクセになるおいしさ

ネパール風かき揚げ、コリアンダーと唐辛子のソースについていただく ネパール風かき揚げ、コリアンダーと唐辛子のソースについていただく

日本人にも食べやすいのがネパール風野菜の天ぷらでしょう。ネパール語で、パゴダあるいはパゴラと発音されます。日本の天ぷらと違うのは香辛料が調合された衣です。衣の粉はひよこ豆の粉でそこに、ガラムマサラや唐辛子の粉がミックスされています。生唐辛子の刻んだものと野菜に衣を絡めて揚げたら出来上がり。スパイシーな天ぷらは、熱々のうちにいただくのがオススメです。

置いてない店がないくらい定番中の定番、チキンチリ

辛いけど美味しいチキンチリはビールが進む 辛いけど美味しいチキンチリはビールが進む

お酒にはやっぱりお肉のおつまみじゃないと、という人にはチキンチリはいかがでしょうか?ネパール人も大好きなおつまみで置いてない店がないくらい定番中の定番。ケチャップベースの味付けですが、そこに大量の生唐辛子とコリアンダーが入っているのがネパール風。お酒のおつまみにぴったりです。辛いのが苦手な人は、唐辛子少なめにとあらかじめ伝えておきましょう。

ネパール風焼き鳥といえば、セクワ!

1本でもボリュームたっぷりの串焼き、セクワ 1本でもボリュームたっぷりの串焼き、セクワ

もう一つ忘れてはいけない人気の定番つまみといえば、セクワしょう。セクワとは下味をつけた肉を串刺しにして炭火で焼いたもの。ネパール風焼き鳥ですが、1本のサイズが日本とは全然違います。セクワ一本食べれば十分というくらいのサイズで、下味は香辛料をからめてあるのでピリ辛。肉の種類は、水牛肉や、鳥肉、豚肉などがあります。日本のお肉よりもかみごたえがあるのもネパールならではでしょう。がっつりお肉を食べたいという若者ならセクワがおすすめです。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/03/09)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索