page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

教えて! ネパールの通信事情、お勧めシムやチャージの方法など


掲載日:2018/12/19 テーマ:海外旅行の準備 行き先: ネパール / カトマンズ

タグ: お得 ためになる ひとり旅


シムフリーのスマホならプリペイドシムカードをゲットしよう

海外によく行く人なら、SIMフリーのスマホが便利 海外によく行く人なら、SIMフリーのスマホが便利

海外旅行好きの人なら、シムフリーのスマホが断然オススメ。行く先々の国で現地のシムに入れ替えることで快適な通信事情をキープできます。日本のシムを海外ローミングして電話したりデータ通信をすることももちろんできますが、帰国後高額な請求が来ることもあるので要注意。その点、現地プリペイドシムカードなら購入した分の金額だけ、電話もできればデータ通信も可能。ネパールでも、ツーリストがプリペイドシムカードを購入するのは簡単です。その上、料金は日本よりもお得。データ通信をいつでもどこでも(町歩きしながら、トレッキングしながら)でも満喫したい人にはネパールのプリペイドシムカードをオススメします。

電話メインならネパールテレコム、データ通信重視ならエヌセル

ネパールのシムカード会社は何社かありますが、オススメは大手2社。ひとつはネパールテレコムで、こちら日本でいうとNTTのような会社。固定電話、携帯電話、インターネットなど総合的に提供しています。もうひとつはエヌセル(Ncell)で2004年創業のモバイルネットワークサービスを提供するプライベートカンパニー。固定電話が全てネパールテレコムであるため、携帯での通話料金はネパールテレコムの方が少しお得に感じます。ただ、データ通信環境においてはエヌセルの方が快適。データ通信重視ならエヌセルがオススメです。

ネパールのシムカードはどこで買える?

ツーリストがシムカードをゲットするなら、カトマンズの国際線空港が便利です。空港ビルディング出口右手、プリペイドタクシーのカウンターなどがあるならびにシムカードカウンターもあります。観光客向けシムカード代無料のキャンペーンも時々やっていますので、のぞいてみましょう。また、身分証明書(ツーリストの場合はパスポート)と顔写真さえあれば市内にもシムカードを買えるところはたくさんあります。カトマンズであればツーリスト用の宿やレストランが集まっているタメルというエリアやダルバールマルグなどで購入できます。場所がよくわからないときは宿の人に聞いてみてください。

リチャージの方法はスクラッチカードかセンターで

シム会社のアプリを入れておくと残高や有効期限など簡単に確認できる シム会社のアプリを入れておくと残高や有効期限など簡単に確認できる

短期滞在のツーリスト用には通話とデータ通信がセットになったパッケージなどもありますので、シムカードを購入した時に一緒にパッケージを購入するのが楽です。あるいはいくらかのお金をチャージしておいて必要に応じてデータパッケージを買う方法もあります。パッケージはSMSあるいはそれぞれのシム専用のアプリから購入できます。シムを買ったらアプリをダウンロードしておくと便利です。プリペイドですので、あらかじめお金をチャージしておいた分だけ使えます。チャージが少なくなったらスクラッチカードを買うか、シムカードセンターでお金を支払うかしてリチャージしましょう。

データ通信するならパッケージが断然お得

グーグルマップやツイッター、ラインなど毎日使う人なら、データ通信パッケージを購入しましょう。エヌセルの場合、パッケージを購入しないでデータ通信すると1MBにつき3ルピーほどかかります。しかし、7日間の1000MBのパッケージを購入すると113ルピーとかなりお得なのがおわかりでしょう(2018年11月現在の料金です)。パッケージを購入してお得にインターネットを楽しんでください。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/12/19)

海外旅行準備マニュアルもあわせてご確認ください。

  • 海外旅行準備マニュアル
  • ※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
    ※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
     提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
    エイビーマガジンについて

     

    キーワードで記事検索

    検索