ネパールの通貨はルピー、最高紙幣は1000ルピー札

海外旅行の準備で忘れてならないのはお金のことです。ネパールの通貨はルピー(2018年1月現在、1ネパールルピー=約1.1円)。最高紙幣は1000ルピー札で、その他500、100、50、20、10、5ルピー札と、1ルピーと2ルピーのコインがあります。中級〜高級ホテルでは、ドル、円といったメジャーな外貨は使えますが、街中のレストランや、スーパーなどでは、ルピーでの支払いが基本となっています。ただし、日本の銀行では、円からネパールルピーの両替は扱われていませんので、ネパールに着いてから現地の銀行か両替屋で、円やドルの現金をルピーに両替する必要があります。

ネパールの通貨はルピー、ネパールの象徴であるエベレストが印刷されている ネパールの通貨はルピー、ネパールの象徴であるエベレストが印刷されている

クレジットカードが使える場所が増えてきたネパール

最近では、ネパールでもクレジットカードでの支払いに対応するお店やレストランが増えてきました。中級〜高級ホテルや、ブランドショップ、観光客が多いカトマンズやポカラなどのツーリストレストランでの支払いはクレジットカード払いができます。ただし日本と違い、3〜4%のカード使用手数料がカード所有者にかかることがよくありますので、支払い方法を決める前に確認した方がよいでしょう。ネパール旅行に持っていくカードとしては、VISAかMasterカードがオススメです。JCBカードやAmexは取り扱っているお店が少ないので、ネパールではあまりおすすめできません。

インドルピーはネパールでは使えるが、その逆はない

上記以外に使える通貨として、インドルピーがあります。ネパールのお隣の国インドも通貨はルピーですがネパールのルピーとは別物、ガンジーが印刷されたお札です。このインドルピーとネパールルピーの両替率は「1インドルピー=1.6ネパールルピー」という固定レートになっています。そして、インドルピーはネパールでも使うことができるのです。インド人観光客は、両替など一切せずに、インドルピーを支払っています。ただし、500インドルピー札、1000インドルピー札は、偽札も多いため、受け取ってもらえないケースもあります。また、ネパールルピーはインドでは使えませんので、その点は要注意です。

両替は必要なだけして、使い切るのがベスト

ネパールのルピーはネパール国外で使えないのはもちろんのこと、国外では再両替もできません。旅行の終わり、余ったルピーがあれば、ネパール国内にいる間に再両替しましょう。その際、外貨をルピーに両替した時のレシートが必要になりますので、念のため、両替レシートは出国までとっておいてください。ただし、たとえレシートがあっても再両替できるのは額面の一部です。一番いいのは、両替はこまめに必要なだけ行い、使い切ることです。