ネパール料理とは? ネパール人は普段何を食べているの?

多民族国家のネパールでは、民族ごとの食文化がありますが、ネパール人全般がもっとも日常的に食べているのはダルバートと呼ばれるもの。「ダル」はネパール語で豆のスープ、「バート」はご飯という意味で、ネパール式カレー定食とでもいえばよいでしょうか。ダルバートを構成するのは、ご飯と、豆のスープ、そして、「タルカリ」と呼ばれる野菜のカレー味炒め、「アチャール」と呼ばれる付けあわせなど。これに青菜の炒め物「サーグ」や肉のカレー「マス」が加わることもあります。肉のカレーで一番ポピュラーなのはチキンカレーで、一番高価なのはヤギ肉カレーです。ネパール人は、ダルバートを毎日、朝晩2回食べています。ダルバートは基本的に、お肉以外のアイテムは、おかわり自由。ネパール人は山盛りのご飯をおかわりして食べます。

ダルバートはどこで食べられるの?

ダルバートはネパールの代表的料理だけあって、どこででも食べられます。ツーリスト向けレストランやホテルでは、上品でマイルドなちょっと高価なダルバートを味わえます。ローカルな食堂や、カトマンズから遠距離都市を結ぶドライブインのレストランでは、普段ネパール人が口にする香辛料がキツめの庶民価格のダルバートが食べられます。トレッキング中も村々の茶屋やロッジでは素朴ながら新鮮な野菜を使ったダルバートが楽しめます。ネパール中でどこででも食べらるダルバートは、国民食といっても過言ではありません。ネパールに旅行に行ったらぜひ一度は食べてみたいものです。

高級感あるツーリストレストランのダルバート 高級感あるツーリストレストランのダルバート

カレー好きならダルバートの食べ比べも楽しい

また、ダルバートは、家庭ごとにそれぞれの味があります。いわゆるおふくろの味です。ネパール人と仲良くなると、家に食事に招待されることもあると思います。家庭のダルバートはレストランや食堂のダルバートとはまた違った味わいがあるもの。レストランではあまりお目にかかれない水牛のカレーや、季節限定の花のアチャールや、青豆のアチャール、バナナのつぼみのアチャールなどにありつけるかもしれません。こんな風に、同じダルバートでも、レストランの高級ダルバートから庶民的なダルバート、家庭のダルバートまで味わいはさまざまです。カレー好きなら、ダルバートの食べ比べをするのも楽しいでしょう

ローカル食堂のシンプルなダルバート ローカル食堂のシンプルなダルバート