ネパールにある世界遺産はいくつ?

現在、ネパールには2つの文化遺産と2つの自然遺産の、全部で4つの世界遺産があります。文化遺産が「カトマンズ盆地」と「ブッダの生誕地ルンビニー」、自然遺産が「サガルマータ国立公園」と「ロイヤル・チトワン国立公園」です。今回はそのうち、「カトマンズ盆地」について紹介しましょう。世界遺産名は「カトマンズ盆地」という名称ですが、盆地自体が“世界遺産”というわけではありません。もともとネパール政府は、地形や自然も含んだ複合遺産として申請したかったようですが、ユネスコが認めたのは文化遺産でした。それでも盆地自体は広いので、そこから7か所が選ばれています。

ネパールの世界遺産「カトマンドゥ盆地」その1 カトマンズの中心「ダルバール広場」 ネパールの世界遺産「カトマンドゥ盆地」その1 カトマンズの中心「ダルバール広場」

ネワール文化の中心カトマンズの「ダルバール広場」

その7カ所とは、カトマンズのダルバール広場、スワヤンプナート、パシュパティナート、ボダナート、パタン、バクタプル、チャング・ナラヤンです。共通するのは、中世の3王国時代に都が置かれたカトマンズ、パタン、バクタプルなど、ネワール族のネワール文化が華開いた所が多いということです。この時代には多くの建築物が建てられ、彫刻、絵画などの芸術が栄えました。それぞれカトマンズから日帰りできる距離とはいえ、7か所は離れているので、全部見学するなら3日ほど見ておきましょう。

グドゥッと一緒に食べるものは?

ここカトマンズに来たら、まずはここの広場に立ってみないと始まらないというのが、ダルバール広場です。「ダルバール」はネパール語で「宮廷」を意味し、カトマンズ盆地にある他の2つの都、パタンとバクタプルにも同名の広場があります。旧市街はこの広場を中心に道が広がっています。さて、カトマンズのダルバール広場は、広場といってもそこにぎっしりと寺院が密集している感じで、何もない部分はさほど広くはありません。しかしいつも人でにぎわっており、ここに立つと「ああ、カトマンズに来た」という実感が湧くと思います。広場の中央にあるのが「シヴァ寺院」。広場の東にはかつて国王が住んでいた旧王宮の「ハヌマン・ドカ」が、広場の南にはクマリ女神の化身とされている少女が住む「クマリの館」、北には恐ろしい姿の神像「カーラ・バイラブ」などがあり、見どころがいっぱいです。ダルバール広場に入るのは入場料が必要です。(その2に続く)