オーナーの奥様が日本人なので安心!

2004年に現在の場所にオープンしたフレンドリーエクスポートは、主にパシュミナ製品を取り扱うお店です。場所は、カトマンズのツーリストの集まる地区タメルのナルシンチョークのすぐ近くにあり、アトラスエクスポートというカーゴ会社の入ってるビルの1階にあります。オーナーの奥様あきみさんは日本人で、店内は彼女の細かい心遣いを見ることが出来ます。商品には値段表示がしてあり、日本人の私たちにとってはうれしい限りで、しかも、良心的な価格です。

オーナーのラムさんと奥様のあきみさん オーナーのラムさんと奥様のあきみさん

人気のアイテムは、やっぱりパシュミナのマフラー

日本人に人気のアイテムは、やっぱり無地のナチュラル系のパシュミナのマフラーということで、筆者も早速購入しました。筆者のこの冬のマストアイテムになりましたが、軽くてあたたかく、本当に重宝しました。首元をあたためるだけで、こんなに防寒になるんですね。その他には、スカーフ、ショール、セーターなどがあり、筆者が注目した商品はショールで作られたスヌードです。タメルの他のお店ではあまり見かけないですし、日本に比べると価格もリーズナブルなので、是非チェックしてみてくださいね!

環境に配慮した商品の取り扱いもあり

ネパールでは有名なワイルドアースの製品も置いてあり、インドの伝承医学アーユルヴェーダ、ヒマラヤの植物、チベット医学などを利用したさまざまなエッセンシャルオイル、石鹸、リップバームなどを扱っています。また、カトマンズ郊外のパタレコット村の女性が作る布ナプキンの販売もしており、このプロジェクトは母なる大地という意味のダルティマタと呼ばれています。こちらの布ナプキンはナチュラルなコットン素材から作られていて、環境や自身にも優しく、オススメですとのことでしたよ。あきみさんがお店にいる時間は決まっていないと言うことですが、運良く彼女に会えたら、その他のオススメ製品も是非聞いてみてくださいね!