page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

教えて! ツーリストのためのネパール物価情報2019年版 宿・交通機関・食事


掲載日:2019/02/03 テーマ:海外旅行の準備 行き先: ネパール / カトマンズ

タグ: お得 ためになる 安い 高い


旅の予算計画を立てるために、現地の物価を把握しておこう

旅の予算計画を立てるために、現地の物価を把握しておこう 旅の予算計画を立てるために、現地の物価を把握しておこう

どこに行くのか何をするか旅の計画は楽しいものですが、そのときに忘れてはならないのが予算計画。どのくらいのお金があれば足りるのか、何にどれくらいお金がかかるのかざっくりとくらいは知っておきたいもの。今回は、旅に欠かせない宿、交通機関、食事について現地の物価情報2019年版をお届けします。(ちなみに2018年12月の時点で1ルピーは約1円となっています)

ピンからキリまで!ネパールの宿の相場

1500〜2000円レベルのシンプルな宿 1500〜2000円レベルのシンプルな宿

まずは、予算の中でも大きな割合を占める宿について。宿の相場はピンキリで、旅のタイプによっても異なります。できるだけ安くあげたいという人なら、ホステルやゲストハウスになるでしょう。ホステルのドミトリーなら1ベッド1泊500円〜、安いゲストハウスならシングルルーム1泊850円〜、バスルーム付きのシンプルな部屋でよければ1泊1500〜2000円程度で考えておけばいいでしょう。せっかくの旅行なのであまりきつい思いはしたくないということであれば、3000〜6000円くらいの中級ホテルがオススメです。ちょっとだけ贅沢したいなというときは7000〜1万円くらいのちょっと高級なホテルを。ネパールで最高級と言われるレベルのホテルであれば、1泊1万5000〜2万5000円くらいを考えておきましょう。

市内の交通機関は何を使うかで大きく変わる

バスは安いけれど、どのバスがどこに行くのかツーリストにはちょっとわかりにくいというデメリットもある バスは安いけれど、どのバスがどこに行くのかツーリストにはちょっとわかりにくいというデメリットもある

空港からホテルへの移動や観光に欠かせない現地の交通機関。旅の予算組みに欠かせない交通費ですが、市内の足はバスかタクシーになるでしょう。バスであれば初乗りは15ルピーくらいからです。市内から1時間くらい足を伸ばしても40〜50ルピー程度でしょう。これがタクシーになると近場で200ルピーくらい。4〜5キロの移動なら300〜500ルピー。10キロ以上の遠出になると1000ルピー以上かかると考えておいてください。(メーターで走ってくれるタクシーはほとんどいませんので、乗る前に行き先を伝えて金額を交渉してください)

長距離移動はバスか飛行機か車か

カトマンズからポカラまで飛行機だと30分、バスだと7〜8時間 カトマンズからポカラまで飛行機だと30分、バスだと7〜8時間

ネパール国内の長距離移動であれば、バスか、飛行機か、ハイヤーの3択が一般的です。首都カトマンズから200キロ西にあるネパール第二の都市ポカラに移動する場合、ローカルバスで1人片道500ルピーくらい、ツーリストバスなら700ルピー〜2800ルピー(エアコンの有無、ランチ付きなどで値段が変わります)程度です。これが飛行機になると、1人片道約1万3000円。タクシーだと1台片道8000円前後、ハイヤーだとタクシーの3〜4割増で考えておきましょう。

ローカルからツーリストレストランまで食事もピンキリ

ローカル食堂のダルバートはおかわり自由で100〜200ルピー ローカル食堂のダルバートはおかわり自由で100〜200ルピー

食事は旅の楽しみの一つですが、どのような店でどのようなものを食べるかで料金は大きく変わります。ローカルレストランでダルバートと呼ばれるネパール人が普段食べているカレー定食のようなものを頼めば100〜200ルピー(肉なし)。お肉のカレーを追加するとだいたい150ルピー程度追加料金がかかります。モモと呼ばれる餃子は一皿100ルピー前後。ネパール式のミルクティーは1杯20 ルピー程度です。これがツーリストレストランに行くと何でも金額は2〜4倍。ダルバートもツーリストレストランではちょっとお洒落な器に入って500ルピーから。ミルクティーは80ルピー、カフェラテは150ルピー、ピザは30センチサイズで600ルピーくらいから。これにタックスやサービス料が上乗せされるので、日本とあまり変わらないかもしれません。ネパールの物価は宿も、交通機関も食事もピンキリです。安くあげることもできるし、ちょっと贅沢に楽しむことも可能。ご自身の旅のタイプに合わせて予算計画を立ててくださいね。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/02/03)

海外旅行準備マニュアルもあわせてご確認ください。

  • 海外旅行準備マニュアル
  • ※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
    ※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
     提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
    エイビーマガジンについて

     

    キーワードで記事検索

    検索