ネパールの国内移動は、飛行機か、車。電車は存在しない

限られた時間を有効活用するためにも、旅先の国内移動については、事前に知っておきたいもの。ネパールのような発展途上国に行くのであれば、なおさらです。ネパールでは、国際線空港は首都のカトマンズにしかありません。ですから、カトマンズが旅の起点になることがほとんどです。カトマンズから別の町やトレッキングに行こうとするなら、飛行機、路線バス、ハイヤー(あるいはタクシー)のいずれかを使うことになります。鉄道はありません。それぞれの移動手段について詳しく説明して行きますので、ご自身の滞在日数や旅のスタイルに合わせて選びましょう。

1番のオススメはやはり飛行機

1週間といった限られた日程しかない場合、国内移動には飛行機を使うことをおすすめします。例えば、カトマンズから200キロほど離れたネパール第2の観光都市ポカラまでは、飛行機だとたったの約25分です。しかも、飛行機の北側の席に座れば、晴れた日は、ヒマラヤ展望を楽しみながら移動できます。しかし、陸路でポカラに向かった場合は、道路事情が悪いためたかだか200キロの距離なのに7〜8時間もかかります。路線バスに比べ、ネパールの国内線は10倍近く高いのですが、時間を有効に使いたい観光客なら飛行機を使う方がいいでしょう。ただ、ネパールの国内線のデメリットは、夜便がないこと、天候不良の場合欠航することが日本に比べると随分多いことです。

ネパールの国内線は19人乗りから70人乗りくらいの小さい飛行機です ネパールの国内線は19人乗りから70人乗りくらいの小さい飛行機です

路線バス移動は時間のあるツーリスト向け

バスが大好きで、バスの窓から風景を眺めること自体が楽しいという方もいらっしゃいます。そういう方は、ぜひ、ネパールのバスの旅を楽しんでください。しかし、そうでなければ、路線バス移動は、時間はたっぷりあるのでお金は節約したいという人向けです。路線バスにも、ローカルバス、ツーリストバスと種類がありますが、観光客には、ツーリストバスがオススメです。ローカルバスは、途中で人が乗り降りし、何度も止まりながら行くので時間もかかるし、英語が通じないことも多いからです。ネパール国内のメインの観光地である、ポカラやチトワン行きであればツーリストバスが出ているのでそれを利用しましょう。

ツーリストバスはローカルバスに比べるとシートも快適です ツーリストバスはローカルバスに比べるとシートも快適です

寄り道を楽しむ自由な旅ならハイヤーで

飛行機を使うと目的地へ早く着くことができますが、途中で寄り道ができません。また、夕方以降に移動することも不可能です。バスは安いですが、時間の融通がききませんし、好きなところで止まったり、寄り道することもできません。しかし、ハイヤーを使えば、カトマンズからポカラへ向かう途中で、お寺や歴史の古い町に立ち寄ったり、気に入った景色のところで写真を撮影したり、自由に楽しむことができます。ホテルからホテルまで1本で移動できるのも楽ですね。ただ、融通がきく分、料金はバスよりも高くなります。カトマンズ〜ポカラ間の場合、ひとりでハイヤーを使うと、飛行機代とあまり変わりません。2人以上いる場合は、お得感があると思います。

ハイヤーでの移動はホテルのドアからドアまで乗り換えなしなので楽です ハイヤーでの移動はホテルのドアからドアまで乗り換えなしなので楽です