値段交渉が必要なお土産品数々

ネパールでのお買い物の際、お菓子や飲み物、石鹸やシャンプーのような日用品には値段が印字されているので、日本と同じように買い物ができます。ハードルが高いのがお土産品で、定価販売のお店が少ないことです。ネパールのお土産品には、非常にバラエティーがあり、日本で輸入販売されているものも多くあります。例として、洋服、雑貨、フェルト製品、ニット製品、シンギングボール、パシュミナなどです。これらは、日本での販売価格より、かなり安く手に入ります。しかし、相場を知らずにショッピングするのは、値段交渉をするにも難しいものですよね。今回はネパールのお土産品を、適切な値段で手に入れる方法を、ご紹介いたします!

エスニック感満載のタメルのお店 エスニック感満載のタメルのお店

相場を知るためには、このお店へ!

これらのお土産品は、カトマンズのツーリストの中心地区タメルのお店で手に入ります。タメルでのお土産品の購入は、言い値ではなく値段交渉するスタイルが、主になります。ですので、まずは相場を知ることはとても大事です。そこで、相場を知るために、「Amrita Crafts(アムリタ・クラフト)」へ行ってみましょう。Amrita Craftsは、タメルのJ.Pスクールの目の前のビルの2階にあります。ここでは、すべての商品に値札がついていて、前述のようなお土産品のほぼ全ての種類を、取り揃えています。Amrita Craftsは、2階のワンフロア全部がショップになっています。ここで、値段をチェックすると、相場がすごくよくつかめるんです。もちろん、気に入ったものがあったら、購入するのもいいですね。

値段交渉はこのセンテンスで決まり!

相場をつかんだら、早速お店をまわってみましょう。そこで、お目当ての商品が見つかり、ディスカウントをしてもらいたい時に 「ディスカウント・ガルヌ・サクヌ・フンチャ?」と言ってみてください。「ガルヌ」というのは、「する」と言う意味で、「サクヌ・フンチャ?」と言うのは、「できますでしょうか?」と言う丁寧な言い方です。「フンチャ」は「OK」という意味で、OKでない時は「フンダイナ」という単語を使います。ネパール人が、「フンダイナ」と言う単語を発するのは、稀です(笑)。だいたい、ネパールではお店や物にもよりますが、2割くらい言い値を高く言う傾向にあります。ですので、120ルピーと言われたら、「100ルピー、フンチャ?」と笑顔で言ってみてください。いくつか、商品をまとめて値引きしてもらう時には、前述の「ディスカウント・ガルヌ・サクヌ・フンチャ?」が効果的です。このセンテンスは筆者の体験上、効果があった簡単なセンテンスですので、皆さんも是非覚えて、ネパールでのショッピングを楽しんでくださいね!