国境を越えたら両替はどうする?

その1からの続きです。ネパールビザ代は、15日間有効で25米ドル、30日間有効で40米ドル、90日間有効で100米ドルです。ビザの有効期間を超えてネパールに滞在すると、罰金がかかるので注意しましょう。ビザ事情は変わる可能性があるので、必ず事前に調べておくこと。国境付近に闇両替屋はいますが、ここからしばらくはインドルピーがそのまま使えます。私が行った時は、1インドルピーが1.6ネパールピーのレートで固定されていました。なので、その後にインドに戻るつもりなら、町に出るまで両替しなくても問題ありません(ルンビニーぐらいまでならバスにも乗れます)。もしくは小額だけ替えて、町に出たらATMを利用するか銀行に行くのがいいでしょう。

教えて! 国境の越え方・インド編 ネパールへ陸路で行く その2 スノウリ国境の越え方 教えて! 国境の越え方・インド編 ネパールへ陸路で行く その2 スノウリ国境の越え方

仏跡巡りならこのルートは欠かせない

国境を超えたネパール側スノウリには、安宿から中級までのホテルが2、30軒ほどありますが、よほど夜遅くなければ、そのまま4キロ先のバイラワの町に出てしまうのがいいと思います。バイラワのバスターミナルからは朝夕に、カトマンドゥ、ポカラ行きのバスが出ています。バイラワはふつうの町なので、ホテル、レストラン、銀行、商店も多く、また空港もあります。また、この国境を越えるルートは、日本からの仏跡巡りツアーもよく利用します。というのも、ベナレス郊外にはブッダが初めて説法した「サールナート」があります。また、途中のゴーラクプルはブッダ入滅の地「クシーナガル」へのアクセス地(バスで2時間ほどの距離)。そしてスノウリ国境から車でわずか1時間で、ブッダ誕生の地である「ルンビニー」に着くからです。4大仏跡のうちの3つが、ほぼこのルートにあるのです。

ベナレス〜カトマンドゥを結ぶ直通バス

近年まで公共交通機関を乗り継がないと、ベナレスからネパールへの国境越えはできませんでした。ベナレス発カトマンドゥ行きの私営のツアーバスはありましたが、たいてい国境のスノウリで1泊して乗り換える、1泊2日でした。ところが2015年3月から、ベナレス〜カトマンドゥを結ぶ直通バスが開通。発表ではエアコンとリクライニングシート付きで、22時30分ベナレス発、翌12時にカトマンドゥ着。料金は約2700円。所要時間が13時間30分と大きく短縮されています。本当にこんな時間で行けるのか信じられませんが(笑)、みなさん、乗るチャンスがあったら試してください。(その3に続く)