page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

パキスタン旅行・パキスタン観光徹底ガイド

パキスタン旅行・観光の見どころ・観光情報

パキスタンは、チベット高原から始まり、アラビア海にそそぐインダス川が流れる国。世界四大文明のひとつであるインダス文明は、このインダス川流域に発生した。観光は、インダス文明の遺跡モヘンジョダロとハラッパ、ガンダーラ時代の都市遺跡であるタキシラなど、高度な古代文明を探る世界遺産巡りが中心となる。また、世界遺産にはなっていないが、パキスタン北部のフンザは、パミール高原の美しい景色が楽しめる場所で非常に人気が高い。桃源郷と呼ばれるフンザを訪れるなら、杏の花が咲き乱れる4月前後に行くのがおすすめだ。(2016年9月編集部調べ)

パキスタンへ行くツアーを見る この国のツアー料金相場を見る

パキスタンの人気問合せ情報

パキスタンの最安値カレンダー

パキスタン旅行・観光でぜひ訪れたい都市

パキスタン旅行・観光の選び方

パキスタンの世界遺産巡りなら5〜8日間。またはフンザの里がメインの北部周遊の旅か

ムガール帝国の古都のひとつラホールと、首都イスラマバードに近いタキシラの世界遺産を訪ねるツアーなら、ツアー期間は最短で5日間からある。これにモヘンジョダロやハラッパなどの都市遺跡も観光するとなると、8日間程度は必要だ。また、パキスタン北部にあり、桃源郷と呼ばれるフンザを訪れるパキスタン北部周遊ツアーも人気が高い。フンザから国境になっているクンジュラブ峠を越え、中国側のカシュガルに抜けるツアーもおすすめ。パキスタンは、イスラム国家の中でも特に保守的なので女性は旅行しにくい国だと言える。服装には注意したい。(2016年9月編集部調べ)


パキスタンのグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示

パキスタンの食事はインドと同様、スパイシーなカレーがメインとなる。主食はナンやチャパティ。イスラムの国のため、不浄とされる豚肉は口にせず、料理にはマトン、チキン、ビーフがよく使われる。インドのように菜食が盛んではなく、外食は特に肉を使ったメニューが多い。シーフ・カバブ(串焼き)、チャプリ・カバブ(ハンバーグステーキ)、チキン・ティカ(グリル)など、肉料理のバラエティが豊かなのがグルメにとってはうれしい。飲み物では砂糖入りのミルクティー「チャーエ」がポピュラーだ。(2015年編集部調べ)

パキスタンのショッピング情報

お土産は手工芸品が人気だ。イスラム圏独特の幾何学紋様をあしらったカーペットやキリムなどの刺繍や織物、パシュミナのショール、アフガニスタン産のラピスラズリをはじめとする天然石を使ったアクセサリーや小物などが名産である。パキスタンならではの甘いクッキー「ハルワ」は、イスラムテイストあふれる缶に入ったものがおすすめ。大都市には立派なショッピングモールがあるが、旧市街にある昔ながらのバザールでもリーズナブルなお土産が手に入る。金工、木工、陶工など色々な職人街を歩きながら品定めするのも楽しい。(2015年編集部調べ)

パキスタン航空券/空港・主要都市へのアクセス情報

パキスタンで日本と定期便がある空港はイスラマバードのべナジル・ブット国際空港。パキスタンで最も国際線が集まる空港は南部でパキスタン経済の中心となるカラチのジンナー国際空港であるが、日本からの便は首都のイスラマバードにあるべナジル・ブット国際空港に運航する。パキスタンへの旅行者は北部山岳地帯へのトレッキング客などが多いが、北部山岳地帯へはイスラマバードからのほうがアクセスしやすい。実は以前は日本からもカラチ行きが運航されていて、ヨーロッパへの格安旅行者で賑わっていたが、所要時間が長く敬遠されるようになったという経緯がある。
(※2012年1月時点。事実が変更している可能性がありますので事前にご確認下さい。)

現地ガイド発!パキスタンの観光最新情報

  • パキスタンのオススメツアー

    パキスタン旅行・パキスタン観光徹底ガイド

    ご希望にあうツアーがございませんでした。
    申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

    戻る


    主な航空会社はこちら

    ソーシャルメディアアカウント

    • twitter

    • facebook