パキスタングルメ・料理ガイド

パキスタングルメガイド

パキスタンのグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示
 

パキスタンの食事はインドと同様、スパイシーなカレーがメインとなる。主食はナンやチャパティ。イスラムの国のため、不浄とされる豚肉は口にせず、料理にはマトン、チキン、ビーフがよく使われる。インドのように菜食が盛んではなく、外食は特に肉を使ったメニューが多い。シーフ・カバブ(串焼き)、チャプリ・カバブ(ハンバーグステーキ)、チキン・ティカ(グリル)など、肉料理のバラエティが豊かなのがグルメにとってはうれしい。飲み物では砂糖入りのミルクティー「チャーエ」がポピュラーだ。(2015年編集部調べ)


パキスタンの食事のマナー

他のインド文化圏の国々と同様、食事の際、不浄とされる左手は使わない。外国人が行くようなレストランではナイフとフォークが出てくるが、現地の人は直接手を使って食べるのが一般的。ナンやチャパティをちぎり、スプーンのようにしてカレーやおかずを器用にすくいとって食べる。また、ひとつの皿の料理を囲んで、みんなで食べることで絆を確かめ合うという考え方がある。イスラム暦の9月は断食月(ラマダーン)で、日の出から日没までは食事を断つ。異教徒には強制されないが、公の場での飲食は控えたほうがいい。


パキスタンのグルメスポット


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


パキスタングルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるパキスタンの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
パキスタンのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!