世界遺産「ラホール城とシャーラマール庭園(ラホール城)」の詳細情報

パキスタンの世界遺産・名所ガイド

Fort and Shalamar Gardens in Lahore

ラホール城とシャーラマール庭園

名称:ラホール城とシャーラマール庭園(パキスタン
英語名称:Fort and Shalamar Gardens in Lahore
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1981年

アクバル帝が着手しジャハーンギール帝が完成させた城

パキスタン北西部にあるラホール城は、16世紀後半、ムガル帝国の3代皇帝アクバルが建設を開始した城塞都市だ。続く4代ジャハーンギール帝以降、歴代の皇帝により増改築がくり返されたことで、ムガル帝国の歴史と繁栄を知る貴重な資料ともなっている。城内には白大理石をふんだんに用いた「真珠のモスク」や、40本の円柱が並ぶ「40本柱の間」などがある。シャーラマール庭園は、5代シャー・ジャハーン帝が1642年、ラホール郊外に造営した長方形の美しいペルシャ式泉水庭園だ。2000年、外壁の劣化や道路拡張による給水設備の破壊などを理由に危機遺産リストに登録されたものの、状況の改善を受け2012年、危機遺産リストから除外された。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


パキスタンの世界遺産「ラホール城とシャーラマール庭園」についてご紹介します。ラホール城とシャーラマール庭園の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。