観光スポット「スワート地方」の旅行情報

観光スポット「スワート地方」の旅行情報

スワート地方

名称:スワート地方(パキスタン/イスラマバード
ジャンル:観光スポット

パキスタン北西部のスワート峡谷を中心とする地方。古くウディヤーナ国と呼ばれ、険しい山岳に囲まれていたため、外来勢力の支配をあまり受けずに、8世紀ごろまで仏教文化が栄えていた。今も無数のストゥーパをはじめ、僧院や仏教寺院の跡が数多く残っている聖地である。仏像などの彫刻も多く、その作風はガンダーラ美術に近い。ここからの出土品の多くは、サイドゥ・シャリーフのスワート博物館に納められている。玄奘、法顕ほかの中国僧の旅行記に当時のようすが描かれている。 古都ガンダーラとは山によって隔てられている。

ここに行くツアーを探す

現地ガイド発!イスラマバードの観光スポット最新情報

2016/12/10 観光地・名所

すごい計画都市〜パキスタンの首都イスラマバードは歩けない町

イスラマバード旅行イメージ-すごい計画都市〜パキスタンの首都イスラマバードは歩けない町 すごい計画都市〜パキスタンの首都イスラマバードは歩けない町

1959年まで、パキスタンの首都は南部のカラチでした。しかしカラチは蒸し暑い町です。映画「沈まぬ太陽」(原作山崎豊子)で、主人公の渡辺謙が航空会社のカラチ支店で奮闘する場面がありますが、蒸し暑さがよく描かれているように思います。港はあるものの、交通の便の悪さもあって、このカラチから遷都の地に選ばれたのが計画都市アーブバーラでした。パキスタン北部のマルガラ丘陵の麓の原野が切り拓かれたのです。18キロほど南にはインドとアフガニスタンを結ぶ交通の要衝として栄えてきたラーワルピンディの町があります。町の広さは東京23区とほぼ同じ。50℃近い夏の暑さはカラチと同様ですが、冬は日中でも10℃と東京並みの寒…続きを見る


イスラマバードの観光スポットガイド記事

イスラマバードの記事一覧を見る


 

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook

 

スワート地方への旅行・ツアー参加前に要チェック!言語や気温や観光情報をはじめ、クチコミ・体験談や専門ガイドによる記事など現地情報が満載です。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。