路上で売られているゆで卵

旅先での食事は、衛生面を考えるとレストランやカフェで食べると思いますが、路上で売られている食べ物に興味はありませんか。見た目からわかるものもあれば、食べてみないとわからないもの、味も匂いも様々です。折角の旅行ですから、現地の食文化を体験してみましょう。今回、フィリピンの滋養強壮の食べ物「バルット」を紹介します。これは路上で売られているゆで卵ですが、単なるゆで卵ではありません。

見た目は普通の卵だけれども…。 見た目は普通の卵だけれども…。

有精卵のゆで卵だけれども

フィリピンでは「バルット」、ベトナムでは「ホビロン」と呼ばれているのですが、この正体をご存知ですか。これは有精卵のゆで卵なのですが、私たちが知っているゆで卵ではありません。少し孵化した状態の卵をゆでているため、白身と黄身だけではないのです。なんと小さな鳥のヒナを見ることがあります。日本人の視点から考えるとちょっと怖いと感じる食べ物ですが、フィリピン人は少し疲れているなと感じる時に栄養補給として食べるそうです。

バルットの正しい(?)食べ方

普段私たちが食べるゆで卵は、特に注意もなく殻を剥いて食べます。バルットは殻を剥くと中から汁が出てくるので、家の中で食べるときは汁をこぼさないように注意する必要があります。この汁にうま味があるので、殻を剥くときに汁をすすりながら食べます。半分ほど殻を剥き、少しずつ食べます。なぜなら、中の孵化したヒナが食べられるかどうかは、その時に判断できるからです。

あなたなら食べる?残す?

実際に食べた時、中にいたヒナは本当に小さなもので私は思い切って食べました。ヒナの骨はまだ小さなものだったので、いとも簡単に食べ切ることができ、味としては強烈なインパクトはなく美味しくいただきました。しかし、別の人が食べているところに立ち会ったところ、羽毛が生えた少し大きめのヒナと遭遇していました。この場合、食べるかどうかはあなたの判断ですよ。私たちから見ればちょっと怖いですが、現地の人の栄養満点の食べ物「バルット」を食べてみましょう。