フィリピングルメ・料理ガイド

フィリピングルメガイド

フィリピンのグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示
 

フィリピンの伝統料理はココナッツや魚醤を使い、味はあっさりめで意外と辛くないのが特徴。肉の甘辛煮「アドボ」やピーナッツソースのシチューのカレカレなど日本人の口にも合う。国民的調味料ともいえるのがバナナケチャップ。地元の食事には欠かせない一品で、見た目はトマトケチャップと同じだが味はとにかく甘い。チャンスがあればぜひ味わってみたいのが子豚の丸焼きのレチョンバボイ。ちょっと変わったグルメならバロット。これは孵化する直前のアヒルの卵。少々グロテスクだが、精力が付くということで好んで食べられている。(2015年編集部調べ)


フィリピンの食事のマナー

取り立てて注意するべきマナーや習慣はないが、覚えておきたいのが食器の使い方。一般的にテーブルに出てくるのはスプーンとフォークのみ。右手にスプーン、左手にフォークを持つのがフィリピン流。ナイフは出てこないので、肉料理であってもフォークで押さえて、スプーンをナイフ代わりに使って食べる。地元の人の中には、食事が終わってもお皿の上に少しだけ料理を残しておくという人がいる。これは「食い意地が張っていません」という意味のフィリピンの習慣だ。


現地ガイド発!フィリピンのグルメ・料理最新情報

2016/07/22 グルメ

中身が怖いけど栄養満点! フィリピンのバルットを食べてみよう

フィリピン旅行イメージ-見た目は普通の卵だけれども…。 見た目は普通の卵だけれども…。

旅先での食事は、衛生面を考えるとレストランやカフェで食べると思いますが、路上で売られている食べ物に興味はありませんか。見た目からわかるものもあれば、食べてみないとわからないもの、味も匂いも様々です。折角の旅行ですから、現地の食文化を体験してみましょう。今回、フィリピンの滋養強壮の食べ物「バルット」を紹介します。これは路上で売られているゆで卵ですが、単なるゆで卵ではありません。続きを見る



フィリピンのグルメスポット


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


フィリピングルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるフィリピンの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
フィリピンのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!