page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フィリピン・マニラ・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

マニラでおしゃれに買い物するならボニファシオ


掲載日:2009/10/05 テーマ:ショッピング 行き先: フィリピン / マニラ

タグ: お土産 ショッピング 雑貨


フィリピンの芸能人も闊歩するおしゃれストリート

フォート・ボニファシオはただいま開発中のオシャレエリア。街のいたるところにアートが点在しているのも素敵。 フォート・ボニファシオはただいま開発中のオシャレエリア。街のいたるところにアートが点在しているのも素敵。

マニラで買い物!?といっても、ピンとこないかもしれません。マニラの国際空港(NAIA)の免税店が充実していないことを考えると、マニラに滞在中にお土産などの買い物は済ませておいた方がいいかも。マニラにはMall of Asiaやグリーンベルトなど、巨大モールが何か所かありますが、女性やカップルにおススメしたいのは、「ボニファシオ・ハイストリート」。オープンエアーの開放的なショッピングゾーンで、芝生の両脇にブランドショップやカフェ・レストランが並んでいて、芸能人がブラブラ歩いているHOTな場所でもあります。

お土産探しは、エコストアーで

女性オーナーの繊細な感覚がいきている品揃え。マニラ在住の外国人マダムも通う知る人ぞ知るショップ。 女性オーナーの繊細な感覚がいきている品揃え。マニラ在住の外国人マダムも通う知る人ぞ知るショップ。

ボニファシオ・ハイストリートには、地元ブランドショップも並んでいて、フィリピンならではのお土産探しにはうってつけの場所。その中でもリーズナブル&ネタにもなるとっておきのお土産なら「echo store」。地方の名産品や、貧困救済(援助)のためのグッズをフィリピン各地から集めていて、値段も適正価格。籠バッグや、コーヒー、アロマオイル、アクセサリーなどきっと気に入った1品が見るかるお店です。カフェも併設されているので、買い物で疲れた足を休めるのにもいいですよ。

広いショッピングエリアは、エコカーでラクラク移動

鮮やかな色が目印。気さくな運転手さんが多い。チップは20ペソくらい(1グループ)で十分。 鮮やかな色が目印。気さくな運転手さんが多い。チップは20ペソくらい(1グループ)で十分。

フォート・ボニファシオ一帯は、とにかく広い。テクテク買い物に夢中になっていると、出発点からかなり遠いところにいることも。両手に買い物袋を抱えている時、食事の後などは、数百メートル戻るのはおっくう。そんな時に利用したいのが、無料のエコ三輪車。電動で動く三輪タクシーで、ショッピングエリア周辺なら、少し待てばキャッチできます。どこで乗るのも降りるのも自由。お客が多い場合は、乗合になることもあります。ハイストリートの大通り沿い、Market Market!のロータリーには常駐。降りるときは、ちょっとだけチップをあげてね。

雑貨探しなら「Gift Market」は要チェック

Market! Market! 2階にはFashion Marketがあり、洋服の問屋市場みたいな雰囲気。モール外にはフードコートもあって、腹ごしらえするにもよい。 Market! Market! 2階にはFashion Marketがあり、洋服の問屋市場みたいな雰囲気。モール外にはフードコートもあって、腹ごしらえするにもよい。

ボニファシオ・ハイストリートに併設する形で、レストランが密集する「セレンドラ」、その隣には地元の人々、日本人駐在家族も買い物に訪れるショッピングモール「Market! Market!」があります。芸能人やハイソな人々が歩くハイストリートと違って、かなり庶民派なモール。そのモール1階にある「Gift Market」エリアには、民芸品や雑貨の小売店が軒を連ねていて、ちょっとした市場な雰囲気。もちろん値段もマーケット並。大量のお土産や、掘り出し物雑貨を探すなら、このGift Marketはチェックしてみるといいかも。

【関連情報】

細長いガーデンが数百メートルに渡って続く、長いオープンエアーショップングエリアのボニファシオ・ハイストリート 細長いガーデンが数百メートルに渡って続く、長いオープンエアーショップングエリアのボニファシオ・ハイストリート

■「echo store」 G/F Serendra Piazza
McKinley Parkway
Fort Bonifacio Global City, Taguig WEB http://www.echostore.ph                        ■ボニファシオ・ハイストリート
open 10:00am、11:00am openの店多し                                                                    

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/10/05)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索