格安!フィリピン留学のお値段と物価

「フィリピン留学のススメ その4」からの続きです。フィリピン留学は欧米諸国への留学と比べ、その費用は2分の1から3分の1とも言われています。1日のレッスンのコマ数、マンツーマンなのかグループクラスなのか、付帯のアクティビティや、授業以外の滞在・食事・交通費・ビザ等の諸費用など、一概に比較はしにくいのですが、その費用は圧倒的に安く、また、それがフィリピンを留学先として選ぶ最大のメリットとも言えるでしょう。短期留学の場合、学校の中だけで食事が出てWi-Fiも完備されているので事が足り、ほとんどお金を使わずに滞在する事も可能です。ただ、せっかくなので、学校の外へ出てカフェで勉強したり、フィリピンフードを堪能してみたり、勉強の疲れをマッサージで癒したり、週末にLCCで他の島へ旅行に行ったり、ダイビングに挑戦してみたりと楽しみたいですよね。以下に物価の目安になりそうな料金を挙げてみます。

フルーツ大国、フィリピン!安くて美味しいフルーツが並ぶマニラのマーケット フルーツ大国、フィリピン!安くて美味しいフルーツが並ぶマニラのマーケット

フィリピンの物価目安

交通費やマッサージなどは格安! 逆にスターバックスは現地の物価からすると相当高く、日本の7、8割といった価格帯です。

ジプニー(乗り合いバス): P 7〜
メトロ(MRT): P 15〜
街中のタクシー初乗り: P 40〜
マクドナルドのハンバーガーセット: P 99
マッサージ1時間: P 200〜

*P 1=約2.5円(P=フィリピンペソ)
*2017年6月時点での概算レート

たまには息抜きも必要!マッサージのすすめ。

フィリピン留学で忘れてはならないのは、なんと言ってもマッサージ! いわずと知れた格安でマッサージが楽しめるタイに続く、マッサージ大国のひとつ、フィリピン。日本と比較すると、お値段は約10分の1程度。街中のローカルなマッサージショップでは60分500円以下で受けられるお店も多く、また、安い割りには上手なところが多いのもうれしいポイントです。当然、当たり外れや相性がありますので、色んなお店で自分に合うマッサージ師さんをみつけてみましょう。また、日本人が苦手な「チップ」に関しては、満足すれば必ず渡しましょう。料金の10〜20%(P20〜50)を目安に、満足度に応じた額を終了後、感謝の気持ちを込めて手渡します。お気に入りのマッサージ師さんに出会ったら、お店のカードに名前を書いてもらい、次回以降、指名してみましょう。次の施術でも丁寧なマッサージを期待できますよ。

フィリピン留学なのに?! ヨガのすすめ。

そして、もうひとつ長期滞在の方におすすめなのは、「ヨガ」。インド在住歴のある筆者ですが、これまで、なぜかフィリピンでしかヨガに通った経験がありません。マットは現地で買っても安いものですし、レンタルさせてくれるところもあります。都度支払いで1回P200程度という安さ。英語でお稽古事をする感覚もとっても楽しく、何となく過ごしてしまう予定のない週末や、授業の後の息抜きに体を動かしてみてはいかがですか? それでは、海外の語学留学を考えているあなた。ぜひ行き先に、フィリピンを検討してみてください。

高級スパに併設のヨガクラスもあります 高級スパに併設のヨガクラスもあります