page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

シンガポールグルメガイド

シンガポールのグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示
 

シンガポールを構成する中国、インド、マレー系の3民族の料理が食べられるほか、世界中のありとあらゆる料理のレストランがあり、バラエティに富んだ食事ができるグルメシティだ。中国料理は広東料理を中心に、潮州料理、福建料理など、中国の南方系の料理を中心に専門店が揃う。ディープな食事がしたかったら、チャイナタウンやリトル・インディアへ行ってみてもいい。シンガポールらしい料理として、中国料理とマレー料理が混じり合ったプラナカン料理(ニョニャ料理)があるので、機会があれば味わってみたい。(2015年編集部調べ)


シンガポールのレストラン・屋台

高級レストランは高級ホテルの中に入っていることが多い。値段は張るが、それに見合う豪華な料理が食べられる。各料理に共通するのは、港町らしくエビやカニ、魚など、食材にシーフードを使ったものが多いということ。気軽に地元の人に混じって食べたいなら、市内に点在するホーカーズ(屋台街)へ行こう。チキンライスやダックライス、ブルヤニといったご飯ものや、チキンやマトンなどの串焼きのサテー、麺類からスイーツ専門の屋台まで、さまざまな種類の料理が手ごろな値段で食べられる。

シンガポールの水・お酒

シンガポールの水道水は飲料水として飲めるレベルで、生水を飲んでも問題はない。ただし胃腸が弱い人は、ミネラルウォーターを買って飲む方が無難だろう。シンガポール名物といってもいいのが、英国スタイルのハイティーだ。紅茶を飲みながらスコーンやケーキをいただこう。シンガポールではお酒はアルコール度数が高いものほど税率が高くなるので、ビールをのぞけば日本よりも高くなってしまうこともある。そんな時はハッピーアワーを利用するといい。


現地ガイド発!シンガポールのグルメ・料理最新情報

2019/11/05 グルメ

2019年現在、シンガポール国内に13店舗を展開する「プーティエン」。おいしくて珍しい、ヘンホア料理店です

シンガポール旅行イメージ-「Gem of PUTIEN」メニューは外国人にもわかりやすい 「Gem of PUTIEN」メニューは外国人にもわかりやすい

シンガポールで何を食べましょうか?中華系の人が7割以上を占める国ですから、中華料理がおいしいものが多いです。グルメにシビアな中華系の人々が連日行列している中華レストラン「プーティエン(Pu Tien、甫田)」へ行ってみませんか。ここは、シンガポールのミシュランで一つ星を獲得しているレストランです。シンガポール国内に13店舗(2019年現在)を展開し、マレーシア、上海、香港、北京、台湾など世界各地にも精力的に進出しているんですよ。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


シンガポールグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるシンガポールの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
シンガポールのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!