page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
シンガポール・シンガポール・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

“公園”みたい! 有名建築家がデザインした一番人気のショッピングモール


掲載日:2008/03/18 テーマ:ショッピング 行き先: シンガポール / シンガポール

タグ: たのしい ショッピング


ベストショッピングモール賞受賞!

遠浅の水が張られた屋上でおおはしゃぎの子供たち。海沿いのボードウオークではカップルたちが夕暮れ時のロマンチックなひととき。水遊びにデートに、大人も子供も一日楽しめるのが、ヴォヴシティの人気の理由 遠浅の水が張られた屋上でおおはしゃぎの子供たち。海沿いのボードウオークではカップルたちが夕暮れ時のロマンチックなひととき。水遊びにデートに、大人も子供も一日楽しめるのが、ヴォヴシティの人気の理由

シンガポールは言わずと知れたショッピング大国。ここを訪れる観光客も、ショッピング目当ての人が多いはず。
常夏で、突然のスコールで大雨が降ったりするトロピカルな気候風土のシンガポールでは、涼しくて(時にはエアコンがききすぎて寒いくらいですが!)雨にぬれる心配もない大型ショッピングモールは便利で快適。大小のショッピングモールが軒を連ねる繁華街オーチャードロードは、観光客の誰もが足を運ぶ、押しも推されぬメインのショッピング通りですが、今シンガポリアンの若者や家族連れに人気なのは、ハーバーフロント地区にあるVIVOCITY(ヴィヴシティ)です。3月はじめに政府観光局から、ベストショッピングモールに選ばれました。

広さはなんと東京ドームの2倍

海沿いのロケーションから、波をイメージしたオーガニックなデザインのモール内は、曲線的な動線が楽しい 海沿いのロケーションから、波をイメージしたオーガニックなデザインのモール内は、曲線的な動線が楽しい

人気の理由は、その広さと、ショッピングモールという閉鎖された場所のイメージをくつがえす、公園に集うような感覚が楽しめる屋内外の空間にあります。述べ面積は東京ドームの2倍もある、シンガポール最大の複合娯楽商業施設。カジュアルラインをメインにした、若者に人気のブランドショップやグルメレストランの数々は言うまでもなく、シネコンプレックスからローカルフードが楽しめる屋台風のフードコートまで、350もの店舗が入っています。

波打つようなデザインがユニーク

オープン後3ヶ月で、シンガポールの総人口450万人を上回る人がここを訪れたとか。外から見てもなにやら楽しそうな雰囲気 オープン後3ヶ月で、シンガポールの総人口450万人を上回る人がここを訪れたとか。外から見てもなにやら楽しそうな雰囲気

“ヴィヴォシティには、買い物の予定がなくても出かけるよ”という声を良く聞きます。街の中をブラブラするような感覚が楽しいのです。ヴィヴォシティを設計デザインしたのは、世界的にその名を知られる日本人の建築家・伊東豊雄さん。“ショッピングするためだけではない新しい体験ができる場所づくり”を目指して、屋上のスカイガーデン、二階には中庭をつくりました。また、曲線的な外観のデザインや、内部のウネウネした通路も、わくわくした気分にさせてくれます

アートワークを散策するのも楽しい

雪の降らないシンガポールで、海を見つめる雪だるま君は皆の人気者。これは、海外から招聘されたアーティストたちによるアート作品群のひとつ 雪の降らないシンガポールで、海を見つめる雪だるま君は皆の人気者。これは、海外から招聘されたアーティストたちによるアート作品群のひとつ

さらに、ヴィヴォシティでは、世界各国のアーティストによるパブリックアートが屋外のあちこちに置かれています。どれもカラフルで、楽しいものばかり。海を見つめるのっぽの“雪だるま君”も、子供たちに大人気の中庭の遊具もアーティストの作品なのです。ラグーンをイメージしてつくられた屋上の浅瀬のプールでは、大人も子供も水遊びに夢中。
潮風を受けて海を眺めるデッキは雰囲気たっぷり。対岸にはセントーサ島のマーライオンが鎮座しています。楽しい仕掛けがあふれるヴィヴォシティは、オープンして一年以上たった今も週末の混雑には覚悟が必要です!

【関連情報】

■ VIVOCITY
1 Harbour Front Walk
Tel 6377-6860
営業時間 午前10時から22時
年中無休
MRT(地下鉄) Harbour Front駅に直結

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/03/18)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索