page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
シンガポール・シンガポール・祭り・イベントの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

色鮮やかな“光の祭典”お祭り続きのシンガポール。ディパバリへようこそ


掲載日:2008/09/12 テーマ:祭り・イベント 行き先: シンガポール / シンガポール

タグ: イベント 美しい


お祭りが続くこの季節

リトルインディアを彩るカラフルなライトアップ。毎年趣向が異なる。これは2007年 リトルインディアを彩るカラフルなライトアップ。毎年趣向が異なる。これは2007年

ランタンフェスティバルにつづき、これから年末にかけて、多民族国家らしいシンガポールの文化色があふれるお祭りやイベントが続きます。今年は、ムスリムのラマダン(断食節)の始まりは9月1日と早く、ムスリム教徒は現在断食中。10月1日がハリラヤ(お正月)です。断食といっても、食べ物を口にしないのは、日の出から日没まで。日没後は、断食を無事終えたことを祝って?屋台においしそうなご馳走がたくさん並び、まるで宴会のような風景が毎日繰り広げられます。毎年一ヶ月も断食の季節があるなんて、厳しそう!と思っていましたが、屋台のご馳走を見てからは、ラマダン節に体重が増える人が多い、ということにも納得したものです。

ヒンズー教の暦で最も大切なお祭り

いつも熱気あふれるリトルインディア いつも熱気あふれるリトルインディア

さて、ムスリム教に続くお祭りは、ヒンズー教のディパバリ。“光の祭典”とも言われます。ヒンズーの暦で最も大切なお祭りです。善の象徴であるクリシュナ神が、悪の象徴ナラカスラに勝利したことを祝うお祭りで、善は光で、悪は闇で表現されるものです。光は悪を昇華させる、という思いがこめられています。今年のディパバリ(新年)は10月26日、そしてリトルインディア周辺でのディパバリ・ライトアップが9月20日から11月2日まで行われます。

バザールの熱気もすごい!

幻想的なライトアップはディズニーランドのようだ、という声も 幻想的なライトアップはディズニーランドのようだ、という声も

リトルインディアは、シンガポールのエスニック地域の中でも、行きかう人のみならず、匂いや音も含めて最も土着的な香りが強く漂う、熱気に溢れたエリアです。そのリトルインディアのメインストリート・セラングーンロードは、毎年趣向を凝らした鮮やかなライトアップで、夜は更に賑わいを増したお祭りロードに変身します。 
キャンベルレーン周辺は、バザールとなり、色彩が溢れかえるようなカラフルな衣装や、宝飾品、工芸品などが売られ、買い物客は品物を物色したり値切ったりしながら、押し合いへし合い移動します。

インド人コミュニティの活気を感じてみよう

レストランもこの時期は光のおめかしをして レストランもこの時期は光のおめかしをして

シンガポールがイギリス植民下にあった19世紀、同時期にイギリスが植民地化していたインドから大量の労働力を供給したのが、インド人のシンガポール定住の発端だそうです。インド本国の中流階級が増えた現在は、多くのエリートたちがインドからシンガポールに拠点を移しており、リトルインディア外での新たなインド人コミュニティも形成されています。
それでも、“買い物はやっぱりリトルインディアに行く”とインド人の友人たちが言うように、活気あふれるリトルインディアに、ディパバリの季節に、是非足を運んでみてください。

【関連情報】

■ Deepavali Celebrations ディパバリ セレブレーション 2008年
期間:9月20日から11月2日まで
時間:夜7時から深夜12時まで(毎晩)
行き方:MRT リトルインディア駅、出口Eから出てセラングーンロード方面へ徒歩すぐ

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/09/12)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索