page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
シンガポール・シンガポール・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

牧歌的な日常風景にも出会える、チャイナタウンで庶民的なのんびりムードを体験


漢方と乾物の匂いあふれるチャイナタウン

おじさんたちの集会所。平日の昼間でこの賑わい。 おじさんたちの集会所。平日の昼間でこの賑わい。

多民族国家のシンガポール。とはいっても、華人の割合は76%と総人口のかなりを占めるので、実際は国全体がチャイナタウンのようだ、と表現されることもあります。なので、わざわざ街の一部に“チャイナタウン”エリアがあるなんてどうして?と首をかしげる人もいるのですが、それぞれの民族の生活文化が反映したショップや飲食店が集中する観光スポットとして人気の高いリトルインディア、マレービレッジといったエスニックタウンと並んで、チャイナタウンは、華人商店が立ち並び、漢方や中華系の香辛料、食材の乾物の匂いがぷんぷん漂うエリアです。

トレンドと、牧歌的なムードが混在

レトロ感あふれる日用雑貨店の店先をのぞいてみるのも結構楽しい。おもしろい土産ものが見つかる。 レトロ感あふれる日用雑貨店の店先をのぞいてみるのも結構楽しい。おもしろい土産ものが見つかる。

チャイナタウンは、高層ビルが林立する東南アジアの経済ハブともいえる活気あるビジネス街に隣接した立地である上に、ショップハウスと呼ばれる古い低層の店舗住宅を改造してオフィスを構えるデザイン事務所やクリエイティブ系のオフィスが数多く集まっていることもあり、ビジネスマン、デザイン関係者、観光客等が交じり合って闊歩する地域でもあります。これまでにも、流行のレストランやお洒落なブティックが並ぶストリート、新オープンのおいしい飲茶の店等、チャイナタウン界隈の情報を数回紹介して来ていますが、オールドファッションでゆるい時間が流れる庶民的な風景にも多々めぐり合うことができます。

広場に集うおじさんたち

観光客でにぎわうトレンガンヌ・ストリートの露天。 観光客でにぎわうトレンガンヌ・ストリートの露天。

たとえばチャイナタウンコンプレックス脇の広場。そこには、忙しいシンガポールの経済活動から取り残されたかのように、日中から暇そうなおじさんたちがたむろしてオセロやチェスに嵩じています。ベンチに延々と座って宙を見つめているおじさんもいます。ここに来ると、中国大陸悠久の時間の流れを汲んだ彼らの(シンガポールの華人は、もともとは大陸から渡ってきたわけですから)精神を感じるのは気のせい?。ともあれ、国家が再開発を繰り返す観光地でありながら、庶民の日常が息づくのどかな光景にほっとします。

すそ上げや靴の修理などのサービスも安いよ!

小さなスペース(商店)で黙々とミシンで裁縫仕事をするおばさん。ジーンズのすそ上げもすぐに4ドル(250円)程度でやってくれる。 小さなスペース(商店)で黙々とミシンで裁縫仕事をするおばさん。ジーンズのすそ上げもすぐに4ドル(250円)程度でやってくれる。

また、一昨年改装が終わったチャイナタウンコンプレックスの中は、地下は生鮮市場、一階は各種の小さな個人商店、2階はホーカーズと、多種多様な小店舗がひしめいてますが、隣接のストリートに並ぶ露店やショップがすっかり観光化して客引きも多いのを横目に、あくまでも庶民のためのマーケットという風情を残したのんびりとした空気が流れています。 そして、ジーンズのすそ上げや靴の修理といったサービスを丁寧に安価でやってくれる店も発見!。2階のホーカーセンターで食事をしている間に、旅行中に履きつぶした靴を直してもらったり、バーゲンで買ったジーンズのすそ上げをやってもらったりするのもちょっとした思い出になるかもしれません。

チャイナタウン・コンプレックス

チャイナタウン・コンプレックスの入り口 チャイナタウン・コンプレックスの入り口

MRT(地下鉄)チャイナタウン駅から5分程度、オートラムパーク駅、タンジョンパーガー駅からも5〜7分程度。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/07/30)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索