page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
シンガポール・シンガポール・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ローカルフードは朝ごはんが一番!


掲載日:2014/07/30 テーマ:グルメ 行き先: シンガポール / シンガポール

タグ: おいしい レストラン 朝食


これからますます高温多湿な日々。

老舗のコーヒーショップの定番、ココナッツのジャムを塗ったカヤトーストとコンデンスミルク入りのお茶。 老舗のコーヒーショップの定番、ココナッツのジャムを塗ったカヤトーストとコンデンスミルク入りのお茶。

常夏のシンガポール。特にこれから一年の後半にかけて、ますます高温多湿な日々が続きます。先週も友人一家がシンガポールに遊びに来て、限られた滞在日数の中でどこに出かけ、何をして何を食べようか・・といろいろ相談していたのですが、ずっと外出しているにはあまりに蒸し暑く、あれこれ立てていた計画も、なかなか実現に至りませんでした。暑いときにいちばん優柔不断になりがちなのが、ローカルフードを食べにでかけること。シンガポールではバラエティ豊かなローカルフードにあふれていることで知られていますが、いうまでもなく、安くておいしい食事を楽しむのは、旅の最大の楽しみですよね。

ローカルフードはやっぱりオープンエアな環境で

滋養たっぷりのポークリブスープ、肉骨茶(バクテー)。胡椒がたっぷりきいていて、汗をかきながら食べるのがおいしい! 滋養たっぷりのポークリブスープ、肉骨茶(バクテー)。胡椒がたっぷりきいていて、汗をかきながら食べるのがおいしい!

手軽にローカルフードを食べられる場所の代表は、庶民の台所といえるホーカーセンター、あるいは街なかのコーヒーショップたちですが、これらの場所はたいがいがオープンエアな環境でエアコンがありません。 暑さを逃れて涼しすぎるほどのショッピングモールの中にもたいがいは充実したフードコートがありますが、風情がないのが欠点です。熱帯多湿な気候で育まれたシンガポールローカルフードの味は、オープンエアな空間で食べるほうがおいしいものです。 

充実の朝ごはんラインアップ

こちらはインド・マレー文化がつくりあげたロティプラタ。人気朝食アイテム こちらはインド・マレー文化がつくりあげたロティプラタ。人気朝食アイテム

というわけで、特に暑い季節にローカルフードを食べに出かけるなら絶対に朝食!と私は強くおすすめしています。朝ならまだ暑さも控えめですし、その上、朝ごはんメニューにこそシンガポールらしいラインアップが揃っていると思うからです。「肉骨茶(バクテー)」「カヤトースト」「ミーシアム」「ロティプラタ」「ナシレマ」・・ 馴染みのない方には珍しげな名前の数々。朝に食べるからこそおいしい、複数の民族がつくりあげた独自の食べ物。スパイス交易で栄えたこの地域の歴史を彷彿とさせるスパイスのきいた味わい。ホーカーズやコーヒーショップで、ほんの数ドルでおいしい朝ごはんにありつけます。

おすすめ!フィッシュボールヌードル

フィッシュヌードルスープは、体に優しい味がうれしい。なぜか午前中に食べるとよりおいしく感じられる。 フィッシュヌードルスープは、体に優しい味がうれしい。なぜか午前中に食べるとよりおいしく感じられる。

シンガポールらしい朝ごはんメニューの豊富さに目移りしそうですが、スパイシーな味付けや、あまり食べ慣れない料理に挑戦するのはちょっと・・・という方も中にはいらっしゃると思います。 そんな方に絶対おすすめしたいのは、フィッシュボールヌードル。魚のすり身団子が入ったスープ麺ですが、あっさりした透明なスープに、モッツアレラチーズのようにも見える白いぷりぷりしたすりみ団子と細いビーフン麺の相性が抜群で、するすると食べられる優しい一品です。たいがい、麺はラーメンのような卵麺、太い麺など3種類ほどの中から選べるのですが、細いビーフン麺を選んでください。二日酔いの朝にも、おすすめです。

関連情報

朝のコーヒーショップはのんびりムードがいい。 朝のコーヒーショップはのんびりムードがいい。

◆Killeney copitiam
67 Killeney road
6734-9648
朝6時から開店
◆Maxwell food center
1 Kadayanallur street
朝8時頃から(店舗による)
◆Ng Ah Sio Bak Kut Teh
208 Rangoon road
6291-4537
朝8時半から開店

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2014/07/30)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索