高級な茶葉も、まとめ買いのお客には試供品をくれるかも?

あるとき、例のヨーロピアンの店員さん(もしくはマネージャー)が、「ロシアン・アールグレイ」という、私にはちょっと高級すぎるお値段の茶葉を強くすすめてきました。それは高いので断り続けて、代わりに中国茶も含めて5種類くらいいろんな茶葉を自宅用に量り売りしてもらうと(お土産用ティーバッグはもちろんキープ)、「あなたにどうしてもこの香りの素晴らしさをわかってもらいたい!」と言って、とうとうロシアン・アールグレイを少量サービスして分けてくれました。帰国して、上品な香りの紅茶をかわるがわる開けてみるたび、楽しかった茶葉のショッピングが思い出されました。

シンガポールの高級紅茶ショップTWGは、見た目を気にせず量り売りがお得(後編) シンガポールの高級紅茶ショップTWGは、見た目を気にせず量り売りがお得(後編)

創業年は2008年。ロゴの数字を早とちりしないで

ちなみに、ブランドロゴに書かれている「1837」という数字は、創業年のことではありません(創業は2008年)。歴史あるブランドという印象を持たせるためだと思いますが、この年号は「シンガポールに商工会議所が作られて紅茶貿易がスタートした年」のことなのです。レビュー記事などで、しばしば創業年と間違われているのを見かけます。フランスの高級紅茶ブランド「マリアージュ・フレール」を思い起こすようなパッケージデザインといい、高級化路線への、ちょっと涙ぐましい工夫とも取れますね。

楽しいショッピングタイムになるかどうかは、あなた次第

TWGは、新興国シンガポールのまぎれもない新興ブランドです。気取った高飛車なショップというイメージもあるかもしれません。けれども、実は店員さんたちは熱いハートの持ち主。こちらが一歩踏み込んで「紅茶が好き!いろいろ知りたい!」という態度を示せば、喜んで解説してくれるし、いくらでも香りを試させてくれるのです。いかにも高級感あふれる店内に入って、重厚な回転棚に収まった巨大な紅茶缶を指し示し「あれを見せて」「あれも試したい」と言ってみるのは、楽しい旅の思い出の一つになることでしょう。ただし、人気店なだけに大混雑しているときもあります。充実したショッピングのためにはタイミングを見計らって行きましょうね。