シンガポール名物「カヤトースト」とは

「カヤトースト」をご存じですか。ガイドブックなどで、しばしば“シンガポールの朝食の定番”と呼ばれている軽食メニューです。バターと「カヤジャム」をはさんだ薄切りのトーストをいいます。カヤジャムとは、卵、砂糖、ココナッツミルクを混ぜたペースト。南国調の甘い香りを増すために、ここにパンダンという葉をジュースにして混ぜ込んだものもあります。パンダンリーフ入りは葉の色が加わって緑色なので、見た目でもわかります。

旅行者にも人気の「カヤトースト」。シンガポールの有名店で、味のちがいは? 旅行者にも人気の「カヤトースト」。シンガポールの有名店で、味のちがいは?

カヤジャムの味は国民的人気!

カヤトーストを朝食として食べるときの代表的な朝食セットメニューは、甘いミルクコーヒーと、かなりゆるめの温泉卵2個。温泉卵に醤油と胡椒をかけて崩し、トーストにつけて食べるのが、これまた定番とされています。私も初めてシンガポールでカヤトーストを食べたとき、「そこまで朝食の“定番”なの?」と半信半疑でした。店内で周りを見回すと、ローカルの皆さんは誰もこのセットを頼まず、麺類やフライドチキンなどを食べていました。定番定番と日本のメディアで言われているほどの決まり切ったメニューでもないようです。しかし、スーパーの食品売り場へ行くと、瓶入りのカヤジャムは驚くほど種類豊富。やはりカヤジャムが国民に愛される味であることは確かなようです。

どっしりしたジャムの「ヤ・クン・カヤトースト」

瓶入りのジャムも風味や甘みにちがいがあるように、シンガポール国内のカヤトーストのお店も、味はさまざま。私も興味を持って食べ比べてみました。まずはカヤトーストの代名詞ともいえる老舗の名店「ヤ・クン・カヤトースト」。国内外に50店舗以上を展開しており、チャンギ空港にも店舗があります。炭火焼のサクサクなトーストに強い甘みのカヤジャムが特徴です。カヤトーストはヤ・クンでなければ! と言う根強いファンが多いのですが、私の個人的な好みでいうと、少し甘さがしつこい感じがしました。砂糖を入れすぎたさつまいものペーストのようで……どっしりした味わいが好きな人に向くと思います。

「トーストボックス」は軽めな味!

私はチェーン店の「トーストボックス」の味が好きです。カヤジャムの味がヤ・クンより軽めで、さわやかな店内の内装も好みです。こちらのトーストには、バターが仰天するほど厚切りではさまっているんですけどね。ジャムは軽めでもバターが重いという人はいるかもしれません。カヤトーストの有名店は、他に「キリニー・コピティアム」や「喜園珈琲店」などがあります。キリニーのパンダン入りカヤジャムは手作りの素朴さがあふれており、「喜園」は超厚切りなパンが特徴(「カヤトーストは薄切りパンで」という固定観念を打ち破りました)。あなたもシンガポールの朝食に、各名店での食べ比べはいかがですか。